ここから本文です

29歳が買った中古フェラーリに問題発生! 知られざるフェラーリの駐車場事情とは?(連載:29歳、フェラーリを買う)

3/29(金) 21:14配信

GQ JAPAN

360モデナの場合、バッテリー充電器の接続口が室内にある。したがって、多くの(屋内ガレージ保管ユーザーが多い!)ユーザーがサイドウインドウやドアを開けて、コードを引き込むという。

が、ボクのフェラーリは外置きだ。したがって、ドアや窓を開けたままにしてコードを引き込んだままにするのは現実的ではない。天候の急な変化に対応出来ないし、盗難のリスクも高まるからだ。

というわけで、バッテリー充電器の接続はあきらめ、定期的にエンジンをかけている。最新フェラーリの充電口が、車外に設置されているのが羨ましい。

ただ、キーをまわすたび「ブォーン」という官能的な音とともにエンジンが始動する様子は見ていて楽しいし、かつV型8気筒自然吸気エンジンの独特なサウンドは聞いていて気持ちいい。「あぁ、フェラーリを買ったんだな」と、おもわず微笑んでしまう。

というわけで、乗らずとも満足しているのだ。それゆえ、納車後1回しか運転しなかったのかもしれない。まさか、エンジン音だけでこんなにも楽しめるとは驚きだった。

が、運転もしないのにエンジンを始動するのはちょっぴり面倒でもある。叶うなら、バッテリー上がりを気にせず、好きなときにエンジン音を楽しみたい。というわけで、解決方法を現在模索中だ。

ボディカバー選びに難航!

前述の通り、ボクのフェラーリは外置きだ。そのため、ボディの汚れや傷を抑えるべくボディカバーを購入した。なお、ボクのカー・ライフにおいて、ボディカバーの購入は史上初だ。

当初、せっかくならフェラーリ純正のボディカバーを検討したものの、なんと外置き(屋外)用のボディカバーはなかった。あるのは屋内用のみである。真っ赤なボディカバー(黒もある)に、跳ね馬のロゴが大きくあしらわれたものだ。そういえば、都心部の地下駐車場で、真っ赤なボディカバーを被ったフェラーリらしきクルマを何度か見たが、なるほど、あれは屋内用だったわけか。

屋内用ボディカバーの存在自体、今回はじめて知った。調べると、使われている布の特性や耐候性が屋外用とまるで異なるため、ボクの360モデナには不適合だった。

振り出しに戻ったボディカバー探しは難航した。360モデナにぴったり合う専用品はまったくなかったのだ。国内外でいろいろ探したものの、見つからず途方に暮れていたところ、偶然にも360モデナにぴったり合うボディカバーをつくる業者に行き着いた。大阪の「仲林工業」である。

仲林工業は360モデナぴったりのボディカバーを製作してくれるという。以前、ほかの360モデナオーナーのクルマを採寸したときの型が残っているため、ボクのクルマを大阪に持ち込まなくても制作出来るというからありがたい。

2/3ページ

最終更新:3/29(金) 21:14
GQ JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

GQ JAPAN

コンデナスト・ジャパン

2019年10月号
2019年8月24日発売

800円(税込)

平手友梨奈が着こなす最新テーラード/”いま何を着るべきか”2019年秋冬ファッション特集/香取慎吾のアートが爆発「ヤンチェ_オンテンバール」

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事