ここから本文です

物価は貨幣的現象ではなく歴史的現象 アベノミクス6年間での「発見」

3/29(金) 18:00配信 有料

週刊東洋経済

【今週の眼】早川英男 富士通総研エグゼクティブ・フェロー

<2019年4月6日号> アベノミクスが始まって6年余、日本銀行の「異次元緩和」からも間もなく6年になる。効果も定かでない実験的な政策を行うことに関しては賛否両論あろうが、実験は善きにつけあしきにつけ必ず何らかの「発見」につながる。以下では過去6年間の発見のうち、筆者がとくに重要だと考えるもの2点について述べたい。 本文:1,251文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込54
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

早川 英男 :富士通総研エグゼクティブ・フェロー

最終更新:3/31(日) 21:20
週刊東洋経済