ここから本文です

伝説の名FWも称えた13歳の“わざと外したPK” 「FIFAフェアプレー賞決定」と称賛止まず

3/29(金) 6:20配信

Football ZONE web

ガラタサライU-14の試合で生まれたフェアプレーがサッカー界のトレンドに

 現在、世界で大きな話題を呼んでいるのが、日本代表DF長友佑都が所属するガラタサライのU-14で主将を務める13歳FWの“わざと外したPK”の一幕だ。イングランド代表の英雄FWであり元Jリーガーでもあるギャリー・リネカー氏を含め、世界各国で称賛の嵐となっており、FIFAフェアプレー賞に推す声も出てきている。

【動画】「FIFAフェアプレー賞がすでに決定」 イングランドの名FWも称えたガラタサライ13歳主将の“わざと外したPK”が話題

 イスタンブールスポルU-14と対戦したガラタサライU-14は、13歳の主将FWベクナス・アルマスベコフくんが左サイドから仕掛けてペナルティーエリア内へ侵入した際、バランスを崩して転倒。すると主審はファウルがあったとしてPKを宣告した。相手選手たちは猛抗議したものの、判定は覆らず、キッカーを転倒した本人のアルマスベコフくんが務めた。

 ところが、ボールをセットすると迷いなくゴールマウスから大幅に逸れた方向へ蹴り出し、あっさりとゴールキックにさせた。誤審であることを言葉ではなくプレーで主張したワンシーンとなり、世界各国では13歳の見せた振る舞いに惜しみない賛辞が送られている。1986年メキシコ・ワールドカップ得点王を獲得したイングランド代表の英雄であり、1993年から94年まで名古屋グランパスでプレーした経験を持つリネカー氏は、自身の公式ツイッターで該当シーンの動画をリツイートし、拍手のスタンプを添えて称えていた。

 さらにベルギーメディア「SPORT.BE」は、「2019年のFIFAフェアプレー賞がすでに決定した」と紹介すると、メキシコメディア「メディオ・ティエンポ」も「FIFAが選定するフェアプレーは、多くが押し売りであり、毎回にわたるプレーがその対象となる選手はほとんどいない。しかし、ガラタサライの少年は手本としてリストに載る」と、数多くのメディアが今年度のFIFAフェアプレー賞の受賞に太鼓判を押し始めている。

 13歳のキャプテンが勇気を持って見せた“わざと外したPK”は、今やサッカー界に旋風を巻き起こすトレンドとして注目を集めているようだ。

Football ZONE web編集部

最終更新:3/29(金) 6:20
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ