ここから本文です

インスタ副業詐欺 キラキラ主婦への憧れにつけ込む手口とは

3/30(土) 16:00配信

NEWS ポストセブン

 インターネット検索による調べ物を「ググる」と言い始めたのが2000年代初頭のこと。万能かと思われた検索機能はSEO対策がすすみ、目的の結果にたどり着きづらくなった。そのため最近ではSNS検索、とくにInstagramを利用した検索に信頼を寄せる人が、とりわけ女性に増えている。そんなInstagramへの信頼につけこんだ、副業詐欺事件が続いている。SNS関連のトラブルに詳しいITジャーナリストの高橋暁子さんが、背景と理由について解説する。

 * * *
◆在宅スマホ副業で20万円稼げる詐欺

 あるInstagram好きの主婦の話を聞いた。Instagramはお洒落な写真が見られるし、情報交換もできて気に入っていたという。そのうち、気になる女性ユーザーを見つけた。「子どもがまだ小さくてうちの子と同じくらいなのに、ブランドバッグを持っていたり、お洒落なレストランにいたり。羽振りがよくて羨ましいと思っていた」

 主婦がInstagramでフォロー、コメントを付けたのをきっかけに、相手からDMが届いた。DMに喜んでいたが、やがて相手が投稿する儲け話に興味をもつように。「詳しくはLINEでと言われ、自分も彼女みたいになれるかと思って、連絡をしてしまった」。先行投資として10万円以上もかかるというので、貯金をはたけば足りると思っていたけれど、翌日になり怖くなってやめてしまったそうだが、詐欺だった可能性が高い。

 今年2月、消費者庁が、「在宅スマホ副業で7日間で20万円稼げる人続出中!」などとうたい多額の金銭を支払わせる事業者について注意喚起した。

 まず、SNS上で副業で儲けているという女性が、SNSで親しくなったユーザーに対して、DMで儲かるという無料モニターに誘ってくる。無料モニターに参加するためには、被害者はある企業とLINEでつながることになる。無料モニター中は自動集客システムで複数のユーザーが誘導されてくる上、一件につき5000円の報酬が受けられると説明をされるため、消費者は「儲かりそう」と思い込まされる。

1/3ページ

最終更新:4/1(月) 18:44
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい