ここから本文です

加藤明拓が考えるカンボジアサッカーの未来

3/30(土) 6:05配信 有料

フットボールチャンネル

スタイルの確立よりも大切なこと

「カンボジアのサッカーのスタイルを確立すること」

 カンボジア代表監督就任の記者会見で本田圭佑氏は自身のミッションをそう語った。過去、日本でも代表監督に就任したオシム氏による「日本サッカーを日本化する」という類似の発言があったが、そこから10年以上経った今でも日本のサッカーのスタイルが確立されているとは言い難い。監督経験のない本田氏にとっては決して簡単な仕事にはならないことが予想されるが、現地ではどのように受け止められているのだろうか。同国サッカーリーグのトップディビジョンであるCリーグに所属する「アンコールタイガーFC」でクラブオーナーを務める加藤明拓氏に聞いた。(文:玉利剛一 2018年10月発売『アジアフットボール批評07』を転載) 本文:1,772文字 この記事の続きをお読みいただくには、フットボールチャンネルプレミアムの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

  • 通常価格:
    540円/月(初月無料)
    会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

フットボールチャンネルプレミアムの記事一覧へ戻る

玉利剛一

最終更新:3/30(土) 6:05
フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事