ここから本文です

[INTERVIEW]カタール人初のJリーガー アフメド・ヤセル「すべては2022年のために」

3/30(土) 16:01配信 有料

フットボールチャンネル

僕の情熱は海外でプレーすることにあった

 中東カタールから史上初めてとなるJリーガーが誕生した。8月に期限付きでヴィッセル神戸への移籍を果たしたアフメド・ヤセル、その人だ。2022年に母国で開催されるW杯に向けて大きな期待が寄せられるヤセルは、日本で何をつかみ取り、4年後へと向かおうとしているのか。(文:舩木渉 2018年10月発売『アジアフットボール批評07』を転載)

■プロフィール
Ahmed Yasser(アフメド・ヤセル)
1994年、カタール、ドーハ市出身。レフウィヤSC(現:アル・ドゥバイルSC)でプロデビュー。スペインのクルトゥラル・レオネサなどを経て、今年8月からカタール出身選手初のJリーガーとしてヴィッセル神戸でプレーしている。カタール代表では国際Aマッチ29試合に出場。 本文:5,784文字 この記事の続きをお読みいただくには、フットボールチャンネルプレミアムの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

  • 通常価格:
    540円/月(初月無料)
    会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

フットボールチャンネルプレミアムの記事一覧へ戻る

舩木渉

最終更新:3/30(土) 16:01
フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事