ここから本文です

ジム・ジャームッシュがゾンビ映画製作、アダム・ドラバー、イギー・ポップ、トム・ウェイツも出演

3/31(日) 11:20配信

Rolling Stone Japan

ジム・ジャームッシュの新作ゾンビ映画『The Dead Don’t Die』に、ビル・マーレイ、イギー・ポップ、トム・ウェイツなど豪華キャスト陣が出演する。他には、アダム・ドライバー、ティルダ・スウィントン、クロエ・セヴィニー、セレーナ・ゴメスもキャスティングされている。

ビル・マーレイ主演のジム・ジャームッシュのゾンビ映画『The Dead Don’t Die(原題)』が米国現地時間6月14日に封切られる。ジャームッシュ監督・脚本のこの作品はオールスターキャストで、映画配給会社フォーカス・フィーチャーズは「散り散りに配置された史上最高のゾンビ・キャスト」と呼んでいる。同作品のプロットはまだ公開されていない。

イギー・ポップ、トム・ウェイツ、RZA、セレーナ・ゴメスが主演するほか、アダム・ドライバー、ティルダ・スウィントン、クロエ・セヴィニー、スティーヴ・ブシェミ、ダニー・グローヴァー、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ、ロージー・ペレス、サラ・ドライヴァー、キャロル・ケインも出演する。

今回のゾンビ映画は、2016年のストゥージーズのドキュメンタリー映画『ギミー・デンジャー』以来のジャームッシュ作品となる。かつてジャームッシュは1995年の『デッドマン』でもイギー・ポップをキャスティングしていた。また、同監督は今回出演する多くの俳優たちとも過去にコラボレーションしている。RZAは1999年の『ゴースト・ドッグ』の音楽を担当し、出演も果たしている。トム・ウェイツは1986年の『ダウン・バイ・ロー』に主演し、2003年の『コーヒー&シガレッツ』にもイギー・ポップとともに出演していた。また、この作品にはRZA、GZA、ビル・マーレイも登場していた。

また、ジャームッシュはジョゼフ・ヴァン・ヴィセムと4度目のコラボレーション作品『An Attempt to Draw Aside the Veil(原題)』を2月にリリースしている。

Translated by Miki Nakayama

Althea Legaspi

最終更新:3/31(日) 11:20
Rolling Stone Japan

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Rolling Stone Japan vol.06

CCCミュージックラボ

vol.06
2019年3月25日発売

1000円(税抜)

特集:HYDE
ヒプノシスマイク
モーニング娘。’19 ライブの舞台裏
特集「今のポップシーン」の主役たち

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事