ここから本文です

ツタロック2019クイックレポ:シンプルさと骨太さを極めたSIX LOUNGEの美学

3/31(日) 16:20配信

Rolling Stone Japan

本日3月31日、幕張メッセ 国際展示場9・10・11ホールで開催中のツタロックフェス2019。COSMIC STAGEに出演したSIX LOUNGEのクイックレポートをお届け。

写真あり

大分出身の3ピースロックンロールバンドSIX LOUNGEは、これがツタロック初参加。フロア後方までびっしり観客で埋め尽くされたCOSMIC STAGEに登場した彼らは、存在感の強いヤマグチユウモリ(Vo, Gt)の歌声と共に「くだらない」からライブを開始させる。

シンプルなバンド編成によるシンプルな歌とアンサンブルだからこそ、曲が進むにつれて熱を帯びていく彼らの歌と演奏からは説得力が感じられる。大きなノリを持つこのオープニングナンバー1曲で、そんな事実は十分に伝わったはずだ。

バンドはそのまま、ヤマグチの「自由に楽しんでってちょうだい!」という挨拶にから疾走感あふれる「LONELY LOVELY MAN」「僕を撃て」へとつなげる。ナガマツシンタロウ(Dr, Cho)がパワフルなビートを叩き出すと、その上でイワオリク(Ba, Cho)がゴリゴリのベースラインを奏で、ヤマグチが耳をつんざくギターと男臭くもどこか優しさの感じられる歌で、観る者を惹きつける。

3曲終えたところで、ヤマグチは「やっと起きた」と言っておどけてみせる。そして「いい歌を歌って帰りますので」「待ちに待ったロックンロールの時間だぜ!」と宣言してキャッチーなメロディの「MIDNIGHT RADIO」、豪快なファストチューン「LULU」と、ご機嫌なロックナンバーを次々と叩きつける。

さらに「後ろ、起きてんのかーっ!」とフロア後方のオーディエンスを煽ると、アップテンポの「トラッシュ」でその場にいるすべての者たちを熱狂させ、矢継ぎ早にドロップした「ラストシーン」でその場の空気を完全に掌握。35分と短い時間だったものの、SIX LOUNGEというバンドに夢中にさせられるには十分すぎるほどだった。

SET LIST

1. くだらない
2. LONELY LOVELY MAN
3. 僕を撃て
4. MIDNIGHT RADIO
5. LULU
6. トラッシュ
7. ラストシーン

Tomokazu Nishibiro

最終更新:3/31(日) 16:20
Rolling Stone Japan

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Rolling Stone Japan vol.06

CCCミュージックラボ

vol.06
2019年3月25日発売

1000円(税抜)

特集:HYDE
ヒプノシスマイク
モーニング娘。’19 ライブの舞台裏
特集「今のポップシーン」の主役たち

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事