ここから本文です

【加部究のフットボール見聞録】“天才少年”久保建英が秘める可能性

3/31(日) 17:57配信 有料

SOCCER DIGEST Web

鳥栖の松岡はライバル意識を隠さず

FC東京の久保(右)と鳥栖の松岡(左)がJ1リーグ3節で対戦。17歳同士のマッチアップは、見応えがあった。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

 男子三日会わざれば刮目して見よ、という。ある日を境に別人に変貌してしまうのがスポーツの世界だ。

 明確に成績が見える個人競技でも、初表彰台から一気にワールドカップ総合優勝までぶっち切った小林陵侑(スキージャンプ)のようなシンデレラストーリーが稀に誕生するが、見る目次第で評価が変わるサッカーでは日常茶飯事。鳥栖の試合後には、松岡大起を取り巻く記者の輪の大きさが、フェルナンド・トーレスを上回った。現役高校生は、同い歳にライバル意識を隠さなかった。

「一歩二歩三歩も先を行く存在。ここで戦えなければダメ。ボールを奪ってやろうとチャレンジしました」

 同じ17歳でも久保建英は、バルセロナへ旅立った小学生時代から注目を集めてきた。ただし天才少年にも紆余曲折はある。低年齢化が著しい卓球界も、福原愛以前は無数の天才少女が消えていったそうだ。

 アマチュア時代の末期にボールを蹴り 本文:1,713文字 写真:2枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込54
    使えます

記事購入にも使える108ポイント獲得できるチャンス

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

最終更新:3/31(日) 17:57
SOCCER DIGEST Web

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る