ここから本文です

人生最良の日々を送る「元悪童」ボアテング【ワールドサッカーダイジェストのザ・ジャーナリスティック】

3/31(日) 19:38配信 有料

SOCCER DIGEST Web

世界最高峰のバルセロナがなぜ32歳を欲しがったのか

ボアテングのバルサ移籍に関する地元紙のアンケートは、78パーセントが「納得できない」と回答。そのユーティリティー性で評価を覆せるか。(C)Getty Images

 かつて札付きのワルとして知られたボアテング。ただ、いまは違う。ピッチ外では人種差別と闘うフットボーラーとして尊敬を集めるほどだ。今冬にバルセロナへ移籍し、人生最良の日々を送る元悪童の半生を振り返る。(文:ルドガー・シュルツェ・訳:安藤正純 2019年3月20日発売ワールドサッカーダイジェスト『ザ・ジャーナリスティック ドイツ』を転載)

―――◆―――◆―――

 たった一度の荒っぽいプレーにより、ケビン=プリンス・ボアテングは故郷のドイツを敵に回してしまった。

 2010年5月15日、FAカップ決勝のポーツマス対チェルシー。この大一番に臨んだポーツマスのボアテングはハーフタイム直前、チェルシーの司令塔ミヒャエル・バラックに猛烈なタックルを仕掛け、目前に控えていた南アフリカ・ワールドカップ出場が不可能となる重傷を負わせたのだ。

 代表チームを支えてきた絶対的エースを 本文:4,521文字 写真:3枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込55

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

最終更新:3/31(日) 19:38
SOCCER DIGEST Web

おすすめの有料記事

もっと見る