ここから本文です

島人・上里琢文の挑戦

3/31(日) 6:00配信 有料

フットボールチャンネル

フィリピン王者の中の日本人

上里琢文【写真:Ceres-Negros Football Club】

 かつて京都サンガでプレーした上里琢文が今はアセアンに主戦場を移して活躍を続けている。フィリピン王者の一員として受け入れられ、ACLプレーオフ、AFCカップに出場するまでの軌跡、そして今後思い描く野望とは何か。(文:池田宣雄 2018年10月発売『アジアフットボール批評07』を転載)

■プロフィール
上里琢文(うえさと・たくみ)
1990年生まれ、沖縄県宮古島出身。小学校入学と同時にサッカーを始め、高校を卒業するまで地元宮古島で過ごす。小学5年の初選出以来、沖縄県トレセンとナショナルトレセンの常連メンバーとなる。高校時代に沖縄代表として兵庫国体(少年の部)に出場し全国優勝を果たす。高校九州選抜やU-18高校選抜に選出されるなど頭角を現し、2009年にJ1京都サンガに加入。2011年途中からJFLのFC琉球、2014年からオーストリアのSVアラーハイリゲン、2016年からフィリピンのJPヴォルテス(JPVマリキナ)でプレーする。2018年にフィリピン王者のセレス・ネグロスに移籍して、ACLプレーオフやAFCカップに出場するなどアジアの大舞台に立つ。現在はJPVマリキナに復帰している。 本文:5,858文字 写真:5枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:3/31(日) 6:00
フットボールチャンネル

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る