ここから本文です

銀行の「ATM手数料&他行宛て振込手数料」を比較!ソニー銀行や住信SBIネット銀行などATMを持たないネット銀行は、コンビニATMや振込手数料がお得に!

4/1(月) 21:20配信

ダイヤモンド・ザイ

 銀行のATM手数料と振込手数料は、どの銀行がもっともお得か?  主要10行の手数料を比較! 

【詳細画像または表】

 ダイヤモンド・ザイでは、記者が集めたマネー・経済関連の最新トピックを「ZAi NEWS CHANNEL! 」で毎号紹介している。今回は発売中のダイヤモンド・ザイ5月号から、「新社会人必見の手数料比較!  ATMと振込手数料はどこがお得? 」と題した記事をピックアップ! 

 4月に晴れて新社会人となる人は、給料振込などどこの銀行口座をメインにしようか思案中ではないだろうか。この超低金利時代、もらえる金利よりも、ATMや振込手数料など、銀行を利用する際に支払う額のほうが大きくなりがち。そこで今回、主要銀行のうち、どこが最もお得に利用できるのかを調査したので、口座開設の参考にしよう! 

ゆうちょ銀行とイオン銀行は、ATM手数料がお得! 
ソニー銀行などネット銀行は、コンビニATMや振込で得できる! 
 主要銀行10行(三菱UFJ銀行、三菱住友銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、イオン銀行、セブン銀行、ローソン銀行、ソニー銀行、住信SBIネット銀行、楽天銀行)の手数料を調査とした結果、最もお得といえるのがゆうちょ銀行とイオン銀行だった。両行は自行ATMなら入出金手数料が365日いつでも無料。加えて他行との提携にも積極的で、ゆうちょ銀行ならファミリーマート(イーネット)のATMで、イオン銀行ならみずほ銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のATMで、平日の昼間時間(おもに8時45分から18時)は無料で引き出せる。
【※関連記事はこちら! 】
⇒【イオン銀行の金利・手数料・メリットは? 】イオン銀行利用者は「イオンカードセレクト」が必須!  簡単に普通預金が定期預金並みの金利0.1%にアップ! 

 さらに振込手数料は3万円を超えると高くなる設定の銀行が多いが、ゆうちょ銀行とイオン銀行は5万円で線引きしている。自宅か会社の近くにどちらかの店舗があるなら口座を開設しておきたい。

 次いで、ソニー銀行や住信SBIネット銀行など自前のATMを持たないネット銀行は、コンビニなど他行のATM手数料や振込手数料に優位性があるので注目だ。
【※関連記事はこちら! 】
⇒【ATM手数料&振込手数料を徹底比較! 】コンビニATM手数料&振込手数料のお得さで選ぶ!  おすすめネット銀行はこちら! 

 ◆主要銀行の 「ATM 入出金手数料」と「他行宛て振込手数料」

 入出金手数料
 振込手数料(他行宛て)
 自行のATM
 他行のATM
 ATM
 ネットバンキング
 ◆三菱UFJ銀行

 (8:45~21:00)
0円
(上記以外)
108円
 (平日8:45~21:00)
108円
(上記以外)
216円
(イオンやJAは平日昼)
0円
 (3万円未満)
270円
(3万円以上)
432円
 (3万円未満)
216円
(3万円以上)
324円
 【優遇条件など】
インターネットバンキング「三菱UFJダイレクト」に契約・登録のうえ、条件を満たすと優遇。例①残高10万円以上でATM手数料が0円。例②給与受け取りでさらにコンビニATM手数料が月2回まで0円。

 【利用できるATM】
三菱UFJ銀行、セブン銀行、ローソン銀行、イオン銀行、ゆうちょ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、ファミリーマート(イーネット)、JR東日本(VIEW ALTTE)など

 ◆三井住友銀行

 (平日8:45~18:00)
0円
(上記以外)
108円
 (平日8:45~18:00)
108円
(上記以外)
216円
 (3万円未満)
216円
(3万円以上)
432円
 (3万円未満)
216円
(3万円以上)
432円
 【優遇条件など】
ネットバンキング経由などの「SMBCポイントパック」なら、条件を満たすと優遇。給与受け取り、残高30万円以上など、いずれか一つの条件クリアで、ATM手数料が0円、コンビニATM手数料が月3回まで0円。

 【利用できるATM】
三井住友銀行、セブン銀行、ローソン銀行、イオン銀行、ゆうちょ銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ファミリーマート(イーネット)、JR東日本(VIEW ALTTE)など

 ◆みずほ銀行

 (平日8:45~18:00)
0円
(上記以外)
108~216円
※土日深夜は利用不可
 (平日8:45~18:00)
108円
(上記以外)
216円
(イオンは平日昼)
0円
 (3万円未満)
216円
(3万円以上)
432円
 (3万円未満)
216円
(3万円以上)
432円
 【優遇条件など】
ネットバンク登録の「みずほマイレージクラブ」は条件を満たすと優遇。例①給与受け取りで時間外もATM0円、コンビニATM月4階まで0円。例②残高50万円以上でさらに他行宛て振込が月1回まで0円。

 【利用できるATM】
みずほ銀行、セブン銀行、ローソン銀行、イオン銀行、ゆうちょ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ファミリーマート(イーネット)、JR東日本(VIEW ALTTE)など

 ◆ゆうちょ銀行

 いつでも0円
 (平日8:45~18:00、
土9:00~14:00)
108円※1
(上記以外)
216円
 (5万円未満)
216円
(5万円以上)
432円
 (5万円未満)
216円
(5万円以上)
432円
 ※1 ファミリーマートとの提携関係が深い。ファミマに設置しているゆうちょのATMならいつでも0円、同じファミマのATMでもイーネットの場合は平日8:45~18:00と土9:00~14:00は0円。

 【利用できるATM】
ゆうちょ銀行、セブン銀行、ローソン銀行、イオン銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、ファミリーマート(イーネット)、JR東日本(VIEW ALTTE)など

 ◆イオン銀行 ⇒詳細ページはこちら! 

 いつでも0円
 (平日8:45~18:00)
108円
(上記以外)
216円
(みずほ、ゆうちょ、三菱UFJ)
0円※2
 (5万円未満)
432円
(5万円以上)
648円
 (5万円未満)
216円
(5万円以上)
216円
 ※2 みずほ、三菱UFJのATMは平日8:00~18:00は0円、さらにゆうちょのATMは土9:00~14:00も0円。その他にも「イオン銀行Myステージ」に応じて、他行のATMが最大月5回まで0円で利用できる。

 【利用できるATM】
イオン銀行、ローソン銀行、ゆうちょ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、ファミリーマート(イーネット)、JR東日本(VIEW ALTTE)など

 入出金手数料
 振込手数料(他行宛て)
 自行のATM
 他行のATM
 ATM
 ネットバンキング
 ◆セブン銀行

 (7:00~19:00)
0円
(上記以外)
108円
 (8:45~18:00)
108円
(上記以外)
216円
 216円※3
 216円
 【優遇条件など】
デビット付きキャッシュカードなら、nanacoポイントが0.5~1.5%貯まる。
※3 振込手数料は自行宛てでも54円かかる。ただし、振込金額が大きくても一律216円のまま。別途ATM利用料はかかる。

 【利用できるATM】
セブン銀行、ゆうちょ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行など

 ◆ローソン銀行

 (7:00~19:00)
0円
(上記以外)
108円
 利用できない
 (7:00~19:00)
216円
(上記以外)
324円
 216円
 【優遇条件など】
昨年10月にサービスが始まったばかり。提携金融機関を増やしているが、ローソン銀行のキャッシュカードでは他行ATMから引き出せない。クレジットカードを利用すれば、Pontaポイントが貯まる。

 【利用できるATM】
ローソン銀行

 ◆ソニー銀行 ⇒詳細ページはこちら! 

 なし
 (月4回まで)
0円
(5回目以降は)
108円
 なし
 (月1回まで)
0円
(2回目以降は)
216円
 【優遇条件など】
残高や取引状況に応じてステージが決定する「優遇プログラム Club S」あり。優遇ステージに応じて、他行ATMの手数料は何回でも0円に、他行宛ての振込手数料は月最大11回まで0円になる。

 【利用できるATM】
セブン銀行、ローソン銀行、イオン銀行、ゆうちょ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ファミリーマート(イーネット)など

 ◆住信SBIネット銀行 ⇒詳細ページはこちら! 

 なし
 (月2回まで)
0円
(3回目以降は)
108円
 なし
 (月1回まで)
0円
(2回目以降は)
154円
 【優遇条件など】
「スマートプログラム」でランクに応じて優遇。例①30歳未満は無条件でランク2で他行ATMは月5回、他行宛て振込は月3回まで0円。例②ランク4は他行ATM、他行宛て振込とも月15回まで0円。

 【利用できるATM】
セブン銀行、ローソン銀行、イオン銀行、ゆうちょ銀行、ファミリーマート(イーネット)、JR東日本(VIEW ALTTE)など

 ◆楽天銀行 ⇒詳細ページはこちら! 

 なし
 (セブン、イオンは)
216円
(それ以外は)
270円
 なし
 (3万円未満)
165円
(3万円以上)
258円
 【優遇条件など】
「ハッピープログラム」で楽天会員情報と口座情報を連携させると、ATM手数料が最大月7回、他行宛て振込が最大月3回まで0円に。貯まった楽天スーパーポイントを振込手数料に利用することも可能。

 【利用できるATM】
セブン銀行、ローソン銀行、イオン銀行、ゆうちょ銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ファミリーマート(イーネット)、JR東日本(VIEW ALTTE)など

 ※上記「他行のATM」の入出金手数料は例外もあり。ATM経由での振込手数料は、キャッシュカードを利用した場合のもの。

 一方、昨年10月にローソン銀行がサービスを開始するなどコンビニ自体が銀行を運営するケースが増えてきた。しかしローソン銀行はまだ他行のATMは利用できない。セブン銀行もまたローソン、ファミマ、イオンのライバル関係にある小売のATMは使えない。近所に当該コンビニのある人以外は不便そうだ。

優遇プログラムに加入すると「手数料0円」になる銀行も多い
 なお、振込はインターネットバンキングを利用すれば自行宛ては手数料が無料になるところがほとんどだった。振込はATMではなくネット経由で行うようにしよう。

 また、掲載した一覧表では最低条件でまとめたが、各銀行とも手数料が優遇されるプログラムを用意している。例えばメガバンクはインターネットバンキングに登録すれば、自行のATMなら時間外でも手数料が0円になることが多い。

 自分がメインで使う銀行を決めたら、優遇を受けられるプログラムには忘れずに加入するようにしよう。

人気の株500銘柄の”激辛診断”は、
ダイヤモンド・ザイ5月号をチェック! 
 発売中のダイヤモンド・ザイ5月号の特集「買っていい×買ってはいけないをズバリ判定!  人気の株500激辛診断 2019春 」では、日本株で注目度の高い人気500銘柄+Jリートを、「高配当株」のほか「10万円株」「株主優待株」「大型株」「新興株」などのセクター別に、「買い」「強気」「中立」「弱気」「売り」の5段階でプロが評価!  また、「配当利回りが高い株ランキング」「初心者必見の少額で買える株ランキング」など5つの銘柄ランキングも掲載しているので、ぜひ活用してほしい。

 ダイヤモンド・ザイ5月号では、ほかにも「億を作った勝ち組から学ぶ 株入門! 」「新入社員&初心者は必見!  資産づくりガイド」「確定拠出年金(企業型DC、iDeCo)基礎のキソ&商品の選び方」「主要10銀行の ATM&振込手数料を徹底比較! 」「口座開設無料9社が扱うiDeCoの全投信201本 コスト&成績を大公開」など、お得な情報が盛りだくさん。

 また、別冊付録として「上場全3715銘柄の理論株価 ─ 儲かる4大ランキング付き」を用意!  12月期決算企業の最新決算で理論株価が一変しているので、チェックしてみてほしい。

 ダイヤモンド・ザイ5月号は、全国の書店や楽天ブックスにて好評発売中! 

ザイ編集部

最終更新:4/1(月) 21:20
ダイヤモンド・ザイ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事