ここから本文です

外来魚より怖い対お魚プレデター「カワウ」の話【その1 カワウは悪者なのか?】

4/2(火) 11:28配信

ルアマガ+

『ルアーマガジン・ソルト』編集部のフカポンです。さて、今回は地元で漁業組合に所属する私が、日々の河川での活動から見える諸々を少しご紹介しようかと思います。

カワウの問題から見えてくる「在来種」と「外来種」を巡るあれこれ

昨今、池の水を抜いてどうにかする的なTV番組が人気なこともあり、「在来種」とか「外来種」とかそういう野生生物のセグメントがあることを知った方も多いかと思います。在来種とは文字通り、日本の固有種とも言える生物。外来種とは外国由来で日本に繁殖、及び、定着した生物と区分しましょうか。

上記の番組でもそうなんですが、どうもしっくりこないのが、在来種が善で外来種が悪という白か黒かという極端な思考なんですよね。確かに外来種の定着は少なからず在来種に影響を与える原因ではありますが、その嫌われ度具合たるや脊髄反射的で……。いやいや、もう少し、全体のことを考えてみませんか? というのが今回の記事のテーマです。

外来種について

外来種とは他の地域から移入してきた生物のことを指しますが、外国からやってきた外来種だけでなく、ほかにも例えば国内の他地域から入ってきて既存の生態系に大きな影響を与えるような、国内生物の外来種も存在します。

カワウという最強プレデター

現在、内水面における魚族の生態系に大きな影響を与えている種があります。それは外来種ではなく、在来種です。タイトルにもあるように、「カワウ」という鳥が内水面漁業に従事する人たちにとって悩みのタネになっています。

日本には大きく別けて、「カワウ」と「ウミウ」が生息していますが、「ウミウ」の生息圏は文字通り海です。「カワウ」はその名の通り、川や池、沼などの内水面、および沿岸域に生息する鳥です。

実はカワウは1970年代までに全国で3000羽程度に激減し、絶滅の危機にさらされました。しかし、東京は上野不忍池に残されていたコロニー(集団営巣地)から次第に分布を拡大し、関東一円はおろか、日本全国にその勢力を拡大していきました。

日本最大の湖、琵琶湖にいたってはカワウが数kmにも渡って列を作り、湖を移動しているなんて風景はさほどめずらしくない光景だったりします。

分布が拡大し、拡散することで日本各地の河川の在来魚はもとより、管理釣り場の魚、営巣地の糞害による森林の枯死が問題になっている……というのが大まかな「鵜害ストーリー」です。あ、それから在来魚どころか外来魚にも大きな影響を与えております。40cm程度のブラックバスならば、ペロリです(笑)。

1/4ページ

最終更新:4/2(火) 12:08
ルアマガ+

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ルアマガ+

内外出版社

ルアーマガジン8月号
6月26日発売

特別定価880円(税込)

羽根モノ大図鑑
陸王第2戦 青木大介vs藤田京弥
2019 ALL NEWリールカタログ
特別付録:レジットデザインスモールマウス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ