ここから本文です

大人世代のブランド「マインデニム」。ディレクションは野口強氏。

4/2(火) 19:12配信

webマガジン mi-mollet

 カリスマスタイリストの野口強氏がディレクションするデニムブランド「マインデニム(MINEDENIM)」。ショップとオンラインストア以外にも、日本全国のセレクトショップで取り扱われているこだわりのデニムスタイルを提案しています。マインデニムは、デニムの生産地として世界的に名高い岡山にて生産。岡山にある自社工場で、高度なクラッシュやユーズド加工は熟練した職人の手によって丁寧に仕上げられているそうです。

しかも、旗艦店2階には会員制のオーダーサロンがあり、デニム生地はもちろん、リベットはシルバーやゴールドなどラグジュアリー素材を選ぶことができ、クラッシュやウォッシュ加工も選び放題。そんなフルオーダーデニム(約10万円~)はさておき―――――。

2019春もデニム素材の脱ベーシックアイテムは、世界的にもトレンドなので、「マインデニム」だからこそできる、“デニム以上な新作”をまずはご紹介しますね!
 

オールブラックだからこそ、素材感でコントラストを表現したい

このヒョウ柄プリントデニム、いろんなアイテムで展開中。シンプルなデザインが多いので、大人っぽく品よく着こなせます。ブラックデニムのジージャン¥45000、ヒョウ柄フロッキープリントのブラックデニムスカート¥28000(すべて税別)

ダブルジップだから、コート風にも着用できるデニムワンピース

コンパクトなシルエットなので、ワンピースとして1枚で着用した時もどこかエレガント。ポケットやリベットのあしらいも、さすがのこだわりぶりです。デニムワンピース¥48000(税別)

人気のオールインワン。ステッチやボタンのこだわりにくぎ付け

毎シーズン、発表しているオールインワンは大人気アイテム。ゆったりシルエットながら、ウエストがきゅっとくびれているので、ヒールで女っぽく着こなしたくなります。ブラックデニムのオールインワン¥48000(税別)

 

ピュアでイノセントなホワイトデニムのコラボレーションラインも 

さて、今シーズンは自身のスタイルブック『A SIMPLE STYLE-50歳からは10着のシンプル服でおしゃれになるー』を出版したスタイリスト三浦由美子氏とのコラボレーションラインも発表。女性画家ジョージア・オキーフをイメージしたコレクションは、パッと見るとトップス+ボトムスに見えるオールインワンやゆったりとエレガントなガウンなど、大人が着て美しいアイテムが揃っています。オキーフのテーマである“骨の色”をイメージしたホワイトデニムがイチ押しですが、ブラックデニム、インディゴデニムの展開もあるのでお楽しみに。

きちんと見えするデザインが新鮮なステッチやボタンのこだわりにくぎ付け

後ろがフラシになって、セットアップ風に見えるデザイン。シャツ風トップスとピンタックパンツ、ロングカフスのノーブルな雰囲気。デニムオールインワン¥68000(税別)

リラックス感とフリーダムな着心地を楽しむレイヤードスタイル

ゆったりしたシルエット、ダブルカフスがエレガントなコートは、オキーフが生前愛用していたガウンがアイデアソース。ワントーンで静かにコーディネートを楽しみたい。デニムガウン¥48000、デニムエプロントップス¥16000、デニムワイドパンツ¥38000(すべて税別)

デニムはその素材のタフさから、長年愛用できるし、経年変化を楽しむことが出来るのも魅力。ぜひ、長く愛して、着るたびにトキメキをくれる、そんな新デニムに出会ってください。
 

有田 麻奈美

最終更新:4/2(火) 19:12
webマガジン mi-mollet

記事提供社からのご案内(外部サイト)

スタイリスト大草直子がコンセプトディレクターを務める、ミドルエイジ女性のためのwebマガジン。ファッション、ビューティ&ヘルス、ライフスタイルの情報を配信中。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事