ここから本文です

いままさに満開!名古屋のおすすめ花見スポット3選

4/2(火) 14:01配信

ウォーカープラス

春といえば、やっぱり花見!そこで今回は、思い立ったらすぐ行ける、名古屋の花見スポットを3つ紹介する。

【写真を見る】全国から100種1000本の桜を集めた「桜の回廊」は圧巻! /「東山動植物園」

■ 緑豊かな都心のオアシスで花見を満喫

●「鶴舞公園」(名古屋市昭和区)

1909年に名古屋市が設置した最初の公園。桜をはじめ、バラ、ハナショウブなど花の名所としても知られ、名古屋を代表する花見スポットの一つ。2019年3月21日(祝)から6月9日(日)に花まつりを開催し、キッチンカーの出店があるほか、さまざまなイベントで花見を盛り上げる。見ごろは3月下旬から4月上旬まで。

「鶴舞公園」住所:愛知県名古屋市昭和区鶴舞1 / 電話:052-733-8340(名古屋市緑花センター) / 時間:24h / 休み:なし / 料金:入園無料

■ ウォーキングに最適な桜のトンネル

●「山崎川」(名古屋市瑞穂区)

山崎川沿いの石川橋から新瑞橋にかけて、約600本のソメイヨシノが連なる桜のトンネル。橋の上からの眺めは絶景で、人気の撮影スポットだ。見ごろは3月下旬から4月上旬まで。

「山崎川」住所:愛知県名古屋市瑞穂区田辺通3周辺 / 電話:052-831-6161(瑞穂土木事務所) / 時間:24h / 休み:なし / 料金:無料

■ 全国から集めた100種1000本の桜が咲き競う

●「東山動植物園」(名古屋市千種区)

植物園には全国の桜100種1000本を集めた「桜の回廊」がある。早咲きのカンヒザクラ、遅咲きのサトザクラ、花びらが200枚にもなるケンロクエンキクザクラなど、様々な種類の桜が楽しめる。見ごろは3月上旬から4月下旬まで。

「東山動植物園」住所:愛知県名古屋市千種区東山元町3-70 / 電話:052-782-2111(東山総合公園) / 時間:9:00~16:50(最終入園16:30) / 休み:月曜(祝日または振替休日の場合翌平日) / 料金:入園料大人500円、中学生以下無料(東海ウォーカー・東海ウォーカー編集部)

最終更新:4/2(火) 22:38
ウォーカープラス

記事提供社からのご案内(外部サイト)

冷感グルメ2019
ひんやりグッズ27
マッチングアプリ
TOKYOの避暑地

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ