ここから本文です

THE RAMPAGE・藤原樹、町田啓太に「絶対に言えないようなことを言いに行きました」【プリレジェ連載】

4/2(火) 20:43配信

ザテレビジョン

映画「PRINCE OF LEGEND」で、怖そうに見えて意外と気弱で、周囲を和ませてくれる天然キャラの“ダンス王子ゴールド”こと、日浦海司を演じた藤原樹にインタビュー!

【写真を見る】佐野玲於に仕掛けられたイタズラに困惑!?

――藤原さんは舞台経験がありますが、「PRINCE OF LEGEND」が初めての映像作品ですね。

「舞台経験はありましたけど、役者としてまた声を掛けていただけたことが素直にうれしかったです。舞台とはまた違う緊張感があり、役者や演技に対して、また新たな気持ちを持つことができました」

――台本を読んだときはどんな感想を持ちましたか?

「台本を初めて読んだときは、どんだけ王子が出てくるんだろうって思いました(笑)。次々とキャラの濃い王子が出てくるので、ワクワクしながら読みましたし、コミカルな部分がいくつもあったので、楽しく読み進めることができました」

―撮影にはどんな心構えで挑みましたか?

「初めてのことだらけだけど、自分がやれることは精一杯やろう!という気持ちで現場に入りました。劇団EXILEの町田啓太さん、鈴木伸之さん、GENERATIONS from EXILE TRIBEの片寄涼太さんや佐野玲於さんをはじめ、日頃から役者をされている方の近くで一緒にやらせていただくことで、自分に足りないものや、もっとこうしたらいいんだっていうことが分かってすごく勉強になったし、大きな刺激を受けたことで、お芝居に対してもっと追求したいと思いました」

――藤原さんご自身と、演じられた日浦海司に共通点はありますか?

「海司はクールなので怖そうに見えるというところが似ているのかなって(苦笑)。普段の僕は口数が少なくてあまり話さないタイプなので、なんだか怖そうに見えるみたいなんですけど、そんなことないよ~って言いたいです(笑)。でも、演じる役と自分が似ている部分があったから、そこは意識せずに自分らしさを出せたような気がします」

――印象深かった撮影は?

「MV撮影か!ってくらい何回も踊った屋上のダンスシーンです。衣装がブーツだったので踊りづらい部分もあったんですけど、パフォーマーとしてやってやろうじゃないか!という熱い気持ちでのぞみました」

――そのシーン撮影時に、藤原さんと長谷川慎さんが「自分に向かって何度もドヤ顔をしていた」って吉野北人さんがインタビューの中で言ってましたよ(笑)。

「ドヤ顔、してました(笑)。“Teamネクスト”の圧倒的センターは光輝(吉野)ですけど、僕と慎はパフォーマーなので、あのシーンは僕ら自身の一番の見せ場だと思って、北人さんにドヤ顔をするくらいカッコいい姿を見せたくて」

■ 町田啓太さんに「何しに来たの?」

――撮影の合間には3人でどんな会話をして盛り上がっていましたか?

「会話とは違うかもしれないんですけど、(佐野)玲於さんの茶目っ気が感じられる出来事があって。玲於さんが“Teamネクスト”を使ったちょっとしたイタズラを仕掛けたんです(笑)。同じ現場にいた先輩の町田(啓太)さんに対して、僕たち3人が『町田、今日もいたの? 何しに来たの?』って、絶対に言えないようなことを直接言いに行くっていう内容なんですが(笑)。その司令を玲於さんから受けて、町田さんに言いに行きました(苦笑)。いきなり後輩の僕らがそんなことを言ったのに、町田さんは笑顔で受け止めてくださいました。きっと玲於さんは初めての映像作品の撮影で緊張している僕らを見て、その緊張をほぐそうとして、そういうことをしてくださったのかなって思ってます(笑)」

――「伝説の王子選手権」の撮影で印象に残っている戦いはありますか?

「3人4脚レースです。各チームが本気で競争している感じがとてもリアルだったんですよ。男たちが真剣勝負しているのって、すごくいいなって。3人4脚のシーンは、本番前に3人で練習したし、1位をとろうぜ!ってかなり意気込んでいたんですけど、本番は足がバラバラになってゴールしちゃって。タイムも遅くて。意気込み過ぎちゃったみたいです(苦笑)」

――先ほど、「お芝居に対してまた新たな気持ちを持つことができました」とおっしゃっていましたが、今後、どんな役を演じてみたいですか?

「映画、ドラマ、舞台、何でもやりたいです! “プリレジェ”の撮影で感じたのは、現場で経験を積むことが一番勉強になるということでした。共演者の方たちの演技を近くで拝見することや現場の雰囲気を肌で感じることが大きな刺激になったので、“プリレジェ”での大きな経験を次に繋げられるように、どんな役をいただいてもがむしゃらに頑張りたいです!」

(ザテレビジョン・取材・文=松浦靖恵)

最終更新:4/2(火) 20:43
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン39号
9月18日

定価:410円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事