ここから本文です

ついに連載100回です!【大島康徳の負くっか魂!!第100回】

4/3(水) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

欠陥住宅との闘い

連日、東京ドームは満員。さすがイチローです/写真=Getty Images

 反響の大きさにびっくりしました。

 3月15日に放映されたテレビ番組『爆報! THE フライデー』です。新聞の番組欄には「元プロ野球監督のO」と書かれていたようですが、別に覆面をして匿名で出たわけじゃありませんよ。

 今回は野球ではなく、僕らのマイホーム、こういう言い方は悲しいですが、欠陥住宅の話です。以前、少しだけ書いたことがあったように思いますが、僕の家は、かなりひどいレベルの欠陥住宅で、裁判もしていました。それでも不本意ながら一応、解決の形となり、現在は建て直し中。すでに取り壊しも終わり、土台の完成間近となっています。

 僕ら家族は、もう過去のこととして新たなスタートを切っているわけですが、放送後の皆さんのコメント(僕のブログ「ズバリ! 大島くん」)を拝見していて、心境に新たなものが加わりました。やっぱり公表してよかったんだな、と。

 僕……いや僕らのように、一生に一度の大きな買い物であり、夢であるマイホームが欠陥住宅にならないように、そして、仮に欠陥住宅だったとしたら、それで泣き寝入りをしなければならない方々がいなくなるように、と強く願っています。

 僕の話を、これから家を建てる方々(家を購入される方々)には反面教師として見ていただいて構いませんし、家を建てる側の方々には、“自分たちが建てた家には、そこに住まう人々の大切な命があるということ”を再確認していただければ、と思っています。

 人間のすることですから、どんなに気を付けていても間違いは起こるときは起こるでしょう。起きたときに、それにどう向き合って、どう対処するか。そこで明暗が分かれるのだろうと思います。僕が“裁判までいこう”と決心した裏には、相手業者が自分たちの非は一切認めず、まるで非はこちらにあるという言い方までし、事実確認や検証すらもしようとしない姿勢にありました。

 僕らの苦い経験が、家を建てようとしている方と家を建てる会社がお互いに良い関係性を築き、欠陥のない家づくりのために役立ててもらえるならば、公表した意義があったのかなと思っています。


 話が野球から大幅に逸れてしまいました。一気に戻しましょう!

 これからイチローが・・・ 本文:2,350文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

記事購入にも使える108ポイント獲得できるチャンス

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:4/3(水) 10:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る