ここから本文です

異常気象でレタスが「汚染」に弱くなる? 気候変動が脅かす食の安全

4/3(水) 8:11配信

WIRED.jp

米国疾病管理予防センター(CDC)は、2018年秋にロメインレタスが原因で発生した病原性大腸菌「O157:H7」による食中毒の流行が「終息したとみられる」と、このほど発表した。

30年後の地球に北極圏はない? いくつもの報告書が訴える気候問題の緊急性

しかし、この食中毒に関する調査は思うように進まなかった。数カ月にわたる努力にもかかわらず、細菌の感染ルートを完全には特定できなかったのだ。

汚染されたロメインレタスは18年にほかにも2件の食中毒を引き起こしていたが、いずれも答えが出ないまま収束していた。感染者と食品とのつながりを特定し、食中毒を起こした細菌を隔離し、その細菌がどのようにして食品に混入したのかさかのぼって調査が行われたが、十分な結果を得られなかったのである。

失敗に終わった調査の数が増えるにつれ、レタスの未来はどんどん暗い方向に向かっている。汚染がいつ生じたのかを正確に特定できないかぎり、問題をきちんと解決することはできない。さらにこうした葉物野菜は、殺菌するとその特徴が失われてしまう(ゆでたレタスは、あまり食欲をそそらない)。

ただ、レタス汚染の解決が難しいことには理由があるかもしれない。一部の関係者の間では、極端な異常気象によって、農作物がこれまでにないほど汚染に弱くなっているという確信が強まりつつある。こうした脅威への対処法を知っている者はおらず、状況は悪化の一途をたどる可能性があるのだ。

17年から発生していたレタスによる食中毒

事態を簡単にまとめてみよう。ここ数年、米国ではレタス(特にロメインレタス)に問題があることは明確になっている。

18年秋に発生し19年1月9日に収束が宣言された食中毒は、カリフォルニア産のレタスが原因となり米国16州の62人が感染した。

18年6月の食中毒の感染源はアリゾナ州ユマとみられ、36州で210人が感染し、5人が死亡した。

17年に始まって国境を超えてカナダまで広がり、18年はじめに終息した事例もある。カナダの公衆衛生当局は、国内で発生した42件がロメインレタスによるものであることを突き止めたが、25人が感染し1人が死亡した米国では、原因を「葉物野菜」というざっくりとした分類で結論づけた。

これらの食中毒の発生は、不幸であると同時に奇妙でもあった。葉物野菜の業界(レタスからホウレンソウ、ベビーリーフ、ミズナやケールといったニッチな野菜まで)はしばらく順調だったからだ。

2006年、米国では袋詰めされた生のホウレンソウが原因となって大規模な食中毒が発生した。感染者199人、死者3人を出したこの食中毒の理由についてはいまだ十分な説明がなされていないが、葉物野菜業界ではレタスの主要栽培地であるカリフォルニア州とアリゾナ州で一連の改革案を作成した。

そのあと発生した食中毒は、患者数と発生地域の範囲の両方の面で、06年に比べて小規模なものだった。カリフォルニア州の業界団体LGMAで最高経営責任者(CEO)を務めるスコット・ホースフォールは、「ホウレンソウによる食中毒が発生してから約10年間、こうした施策や基準は非常にうまく機能していました」と語る。「しかし、この1年でわたしたちは再考を迫られています」

1/3ページ

最終更新:4/3(水) 8:11
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.33』

コンデナスト・ジャパン

2019年6月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.33「MIRROR WORLD - #デジタルツインへようこそ」来るべき第三のグローバルプラットフォームを総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ