ここから本文です

TikTokやSnapchatが覆す、アプリデザインの「常識」

4/3(水) 12:12配信

WIRED.jp

TikTokとSnapchatは使うのが難しい。あるいは、少なくともほかのアプリより使いにくい、と思ったことはないだろうか。もしそうなら、それはあなただけではない。

TikTokは音楽の合法利用で熱狂を生み出し、その人気を加速する

TikTokは、起動するとすぐに動画が再生され、10代の若者がポップスに合わせて歌ったり、インターネットの流行を真似たりしている様子が次々と映し出される。動画を止めるにはどうすれいいのか、友達をフォローするにはどこを見ればいいのか、そもそも自分のプロフィールを見るにはどこをタップすればいいのか、さっぱりわからない。

Snapchatは、起動するとすぐにカメラの画面になる。デフォルトの設定だと、明るい場所にいると、画面に重なって表示されている文字はほとんど読めない。

このふたつのアプリは、デザインのガイドラインやベストプラクティスを、ことごとく無視している。

アップルのヒューマンインターフェイスガイドラインには、カメラの画面に重ねて表示されるテキストに関してとりわけ言及しているわけではないが、「アプリのコントラストが適切でない場合、すべての人にとってテキストが読みにくくなる」ことは強調されている。一方、グーグルはガイドラインの1ページを割いて、適切な色と背景の組み合わせを説明している。こうしたガイドラインに従う義務はないとはいえ、アドヴァイスを無視するのはリスキーだろう。

“従来”を無視する若者向けアプリ

「(TikTokやSnapchatは)わたしがこれまでのデザイナーのキャリアのなかで教えられてきたこと、実践してきたことのすべてに反しています」と語るのは、ツイッターの元デザインチーム責任者で、現在はフリーランスデザイナーのセニッド・ボウルズだ。ボウルズはBBCやサムスンでも仕事をした経験があるほか、ユーザーインターフェイスガイド『Undercover User Experience Design』の著者でもある。

ボウルズは、かつてTikTokと同じような業界にいるクライアントのプロジェクトを請け負っていたときに、現状を知るために競合他社を分析したことがあるという。「これらの企業によるいくつかのデザイン上の決断は、実に奇妙なものでした」と彼は言う。

最もわかりやすい例は、ヴィデオ画面に重ねて表示される白いテキストだ。「アクセシビリティの基本は、人々が読めるようにテキストのコントラストをはっきりさせることです」とボウルズは説明する。

アイコンのサイズについても同様だ。アップルは、タップ操作ができるようにするため、44×44ポイント以上のサイズを推奨している。だが、ボウルズによれば、BIGO LIVEなど若者をターゲットにしたアプリでは、この原則が無視されることがよくあり、Snapchatでもそうした例が見られるという。

「デザイナーの採用担当者が応募者の作品でこうしたものを見つけたら、『この人は、タッチスクリーンのユーザビリティーの基本を理解していない』と言うでしょうね」

アプリの操作方法もそうだ。「ユーザーにメニューを開いてもらいたいなら、その場所にメニューとわかるアイコンを置きます。これがデザインの原則であるのは言うまでもありません」とボウルズは言う。だが、若者向けアプリのなかには、あらじめ決められた標準のアイコンではなく、独自のわかりにくいアイコンを使用しているものがある。

例えばBIGO LIVEでは、惑星のようなアイコンをタップすると地域別にユーザーを探す画面が表示されるが、「あまりわかりやすいアイコンとは言えません」とボウルズは指摘する。iOSにおけるインターフェイスガイドラインでは、明快で分かりやすくすることが必要だとされているが、「抽象的でほとんど理解できないアイコンが非常によく使われています」と付け加えた。

1/5ページ

最終更新:4/3(水) 12:12
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.33』

コンデナスト・ジャパン

2019年6月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.33「MIRROR WORLD - #デジタルツインへようこそ」来るべき第三のグローバルプラットフォームを総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事