ここから本文です

男女を問わず人気1位は「バーモントカレー」、女性に人気の「こくまろカレー」|カレーの好みとこだわりを徹底調査

4/3(水) 15:04配信

サライ.jp

カレー嫌い、という人はあまりいない(ごく稀にいらっしゃるが)。家庭料理やキャンプ料理の定番でもあるカレーはもはや日本の料理と言ってもいいだろう。だが、カレーと一口に言ってもその好みは千差万別。家庭で作るカレーには、その家庭の数だけ種類がある、と言ってもいいだろう。

日本独自の「洋食」を味わうならココへ!東京の「老舗洋食店」9軒の名物料理

今回は月間250万人が利用する国内最大級の男性向け料理・家事メディア「オリーブオイルをひとまわし」(「オリひと」)を運営する株式会社ディライトクリエイションが行った「オリひと 男の料理研究所」における、カレーに関するインターネット調査から、男女のカレーの好みやこだわりを紹介しよう。

【調査概要】
調査対象:全国の男女
回答数:840名
調査期間:2019年3月5日~2019年3月15日
調査方法:インターネット調査

* * *

1. 毎週カレーを食べる男性は女性の1.3倍。男性は「こだわり」、女性は「手軽さ」でカレーを作る

カレーを食べる頻度を聞いたところ、週に1回以上カレーを食べる人は、男性で約40%、女性で約30%という結果に。この結果から、カレーは特に男性から好まれていることが分かる。

また、カレーを作りたいと思う理由を聞くと、男女ともに「自分が食べたいから」という理由がもっとも多かった一方で、その他の理由では男女差が顕著。女性は「手軽に作れるから」「作りおきができるから」という便利さを多く挙げていたのに対して、男性は「こだわって作れるから」という回答が女性よりも多く集まった。

家族全員の食事を作る必要がある主婦などにとって、複数人分の食事を作り置きできるカレーが重宝されるのに対し、男性は休みの日などに趣味としてこだわり料理=カレーを調理する場合が多いという特徴があるのだろうか。

2. 時間をかけ、スパイスを使う男性のこだわりカレー

カレーを作る際のこだわりを聞くと、「玉ねぎをよく炒める」という回答がもっとも多く、「複数のルウを使う」「隠し味を入れる」と続いた。中でも男性では「玉ねぎをよく炒める」「長時間煮込む」という回答が女性よりも多くなり、時間をかけてこだわる男性のカレーの特徴が改めて明らかになる結果となった。

また、「スパイスを加える」と回答した男性が女性の約1.5倍と、スパイスを使った本格的な味わいを目指す男性が多いことが分かった。

1/2ページ

最終更新:4/3(水) 15:56
サライ.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事