ここから本文です

フジテレビ、開局60周年ドラマで大ポカ 字幕が終始ズレたまま放送

4/3(水) 16:59配信

デイリー新潮

 フジテレビの開局60周年記念の特別企画として、松本清張原作のドラマ「砂の器」が放送されたのは3月28日のこと。言わずと知れた不朽の名作、楽しみにしていた視聴者も多かったはずだが……。なんと、最初から最後まで字幕が数秒遅れていたという。

【画像】「字幕のズレのせいで内容がほとんど頭に入ってこない」などSNSに怒りの声多数

 ***

「とても好きな作品だし、原作や映画、これまでのドラマと、セリフがどう変わっているか、人名や地名も確認したいから字幕を出していたんです。そのうち直ると思って最後までそのまま見ちゃいました」

 と、実際に見ていた女性は振り返るが、SNSには〈母が難聴なので字幕遅れはとても困る〉との切実な“被害”の声も上がった。食事シーンに〈朝から腹を下しておりまして〉との字幕が流れたりと、作品の雰囲気をぶち壊しにしかねない“放送事故”だったのだ。

 経緯をフジテレビの企業広報室に訊ねると、

「制作の都合により、生で字幕を付けることになったため字幕が音声より遅れて表示されました」

 という答えが返ってくる。視聴率は11%超とまずまず。これも字幕という見どころのおかげ? 4月4日発売の「週刊新潮」で報じる。

「週刊新潮」2019年4月11日号 掲載

新潮社

最終更新:4/3(水) 17:13
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売

「デイリー新潮」は総合週刊誌「週刊新潮」が発信する最新の話題に加え、専任取材班による綿密な取材に裏打ちされた記事を配信するニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事