ここから本文です

はまぐりの旬は春!しみじみ美味しいはまぐり出汁しゃぶしゃぶが最強!

4/3(水) 5:20配信

東京カレンダー

遅い時間に美味しい蕎麦が味わえる上、おつまみも豊富で使い勝手抜群な『松玄 恵比寿』。

そんな同店をこの時期訪れるならば「三重県桑名の天然ハマグリ しゃぶしゃぶ」がイチ押し!その美味しさに動画で迫った。

春に旬を迎える“ハマグリ”の旨みをたっぷり堪能

2000年のオープン当初、「夜そば」ブームを巻き起こした火付け役といえば『松玄 恵比寿』。

この時期同店を訪れるなら、蕎麦前に必ずオーダーしたいのが「三重県桑名の天然ハマグリ しゃぶしゃぶ」だ。“三重県桑名の天然ハマグリ”をシンプルにしゃぶしゃぶで味わうのは、春ならではの贅沢な一品。

最初は、みりん、白醤油で味付けをしたいりこ出汁の中で、ハマグリのみを入れよう。

パカッとハマグリが開くまで泳がせたら食べ頃。ハマグリの旨みが出汁と重なり、春の訪れを感じさせてくれるだろう。

水菜、ネギ、豆腐という敢えてシンプルな具材のみを使用するのもハマグリの美味しさを引き立てるためだ。

たっぷりとハマグリしゃぶしゃぶを楽しんだ後は、ぜひ追加で「金華豚」を。ハマグリの旨みがたっぷりと出た出汁で「豚しゃぶ」を楽しむのもおすすめ。

モチモチ食感と強い旨みが特徴の「金華豚」を、ハマグリ出汁で味わうのだから美味しくないはずがない。

蕎麦前に色々な料理とお酒を楽しんだ後、〆に蕎麦を楽しめるのが『松玄 恵比寿』最大の魅力。

旬によって異なる品が揃い、訪れる人を楽しませてくれる。

「まんげつ濃厚卵」とそばつゆに使用する出汁を合わせることで、他にない濃厚でふくよかな味わいに仕上げる「出来たて自家製出し巻き玉子」や、豊洲市場から毎朝仕入れる鮮魚を使用した「刺身 盛り合わせ」など、ゆっくりと味わうのも一興だ。

お酒も進み、そろそろ仕上げの蕎麦を味わいたい頃。

北海道産そば粉を石臼で挽いた蕎麦は、香り高く蕎麦が喉を通る心地よい感覚が堪らない。

3日間かけて仕込まれるかえしと、削りたての2種類の鰹節から丁寧に仕込んだ出汁を合わせたそばつゆも、蕎麦の味わいを上手に引き立ててくれる名脇役だ。

人気は12種類もの具材がのった「ぶっかけ蕎麦」やうにをたっぷり味わえる「うに蕎麦」など。

蕎麦メニューは全て小盛が用意されているのも嬉しい。

料理に定評があり、個室も備えているので、デートや接待、飲み会後の〆そばなど、あらゆるシーンに使える「食べて、飲めるそば屋」だ。

東京カレンダー株式会社

最終更新:4/3(水) 5:20
東京カレンダー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京カレンダー

Tokyo Calendar.Inc

2019年8月号
6月21日発売

定価800円(税込み)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事