ここから本文です

野村克也が語る「矢野燿大監督」

4/4(木) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

自分を客観視し、正しい努力をする

矢野監督の考えがチームに浸透するか/写真=湯浅芳昭

 本誌3月18日号に阪神・矢野燿大新監督のインタビューが掲載されていた。

 キャンプでは選手たちの自主性を重視し、プロとして「自分がどうなりたいか」を考えさせ、そこに焦点を置いた練習を、各自にやらせたという。まさに、それが理想であり、本物のプロフェッショナルといえるだろう。

 果たして、うまくいったのだろうか。私も長く野球界に身を置き、選手たちを見ているが、昨今、真のプロフェッショナルにはなかなかお目にかかれない。

 そもそも今の選手たちは“自主性”を謳(うた)われ、自分で考えて練習できる自由を与えられても、「何をすればいいか」が分からないようだ。もちろんプロ野球界が競争社会、実力の世界であり、努力をしなければいけないことは、みな重々承知である。ところが、「どういう努力をすればいいのか」が分からない。

 プロ野球選手にとって、『努力』は必要不可欠だ。人と同じことをやっていたら、人並みにしかなれない。しかし、そこでただ闇雲に努力しても成果は上がらず、「プロはどうせ才能次第なんだ」と言い、途中で放り投げてしまう。そんな選手を、何人見たことか。

 大切なのは・・・ 本文:2,018文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込216
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:4/4(木) 10:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る

Yahoo!ニュースからのお知らせ