ここから本文です

火星でのセルフィーから、巨大望遠鏡が放つレーザーまで

4/4(木) 12:33配信

WIRED.jp

火星探査機「キュリオシティ」から、火星でのセルフィー(自撮り)が届いた。長い連接アームに取り付けられたカメラを使って撮影した写真からは、ほこりっぽい火星の様子が見てとれる。このほか、シミュレーションから導きだされた暗黒物質のハロー、巨大望遠鏡が観測用の「ガイド星」をつくるレーザー光まで、宇宙にまつわる神秘をお届けしよう。

MU69は太陽の影響をあまり受けず、誕生当初の物質のほとんどが無傷で残されている。

米国に大寒波をもたらした極渦は、あまりにひどかったと思っているだろうか。宇宙へ出れば、いつだって寒い。火星はたいてい、マイナス約62℃前後だ。

米航空宇宙局(NASA)の火星探査機「キュリオシティ」がどうしているのか気になるって? よく聞いてくれた。というのも、キュリオシティからセルフィーが届いていたからだ(キュリオシティには、Twitterのフォロワー数が397万人もいる)。

キュリオシティを有名にしたこうした素晴らしい写真の数々は、長い連接アームに取り付けられたカメラを使って撮影したものである。火星からデータが地球に届いたら、NASAのジェット推進研究所(JPL)の職員が画像をつなぎあわせ、そこから巨大なアームを消去する。その結果、ほこりっぽいが、目を見張るほど素敵な火星のセルフィーだけが残るというわけだ。

「今日は星がまったく違って見える」

太陽系をもっと遠くまで進み、探査機「ニュー・ホライズンズ」が接近した最新の天体「2014 MU69」(別名ウルティマ・トゥーレ)を見てみよう。この天体は、太陽系の最初期に起源をもつ原始の岩石だと考えられている。

太陽から極めて遠く離れているおかげで、MU69は太陽の影響をあまり受けず、誕生当初の物質のほとんどが無傷で残されている。このため、最高の研究対象になっている。

さて、さらに遠くまで足を延ばしてみよう。そこで目にするのは、ガスや塵が残らず吸い出され、拷問のようにゆっくりとした死を迎えつつある銀河だ。そのあとは、暗黒エネルギー(ダークエネルギー)と、宇宙膨張におけるその役割に思いを巡らせる。宇宙は寒いだけではない。クールでもあるのだ!

デヴィッド・ボウイの曲『スペイス・オディティ』で、トム少佐が地上管制塔に言った言葉を借りれば、「今日は星がまったく違って見える」のだ。このほかの宇宙写真を見たいなら、こちらから、『WIRED』の充実した宇宙ギャラリーを訪ねてみよう。

最終更新:4/4(木) 12:33
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.33』

コンデナスト・ジャパン

2019年6月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.33「MIRROR WORLD - #デジタルツインへようこそ」来るべき第三のグローバルプラットフォームを総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事