ここから本文です

「スクリーンタイム」のウェルビーイングへの影響を知るために、テック企業と向き合うときがやってきた

4/4(木) 19:11配信

WIRED.jp

スマートフォンやタブレット端末、ノートパソコン、デスクトップパソコンなどで、この記事を読んでいるみなさんに問いたい。こうしたデヴァイスの利用を巡る議論の方向性そのものを、わたしたちはそろそろ考え直すべきではないだろうか?

デジタル機器の利用は、ウェルビーイングにとって本当に「悪」なのか?

デヴァイスの利用については長らく議論が続けられてきた。しかしながら、その論点は昔といまだに変わっていない。デヴァイスに費やす時間がどれほど多いか、長時間デヴァイスに触れていることでわたしたちのウェルビーイングにどんな影響が出るのか──という点に集中している。

しかし、デヴァイスを中心にわたしたちの生活が目まぐるしく変化している社会において、これらの点よりもっと関心をもつべきテーマがある。「スクリーンタイム[編註:デヴァイスを見て過ごした時間]」をどのように過ごしているか──ということだ。ただ、その問いかけに答えるには、もっと質のよいデータが必要になる。

デヴァイスと向き合う時間の長さではなく、その質こそが重要だなんてことは、わかりきった話だと思うだろう。その一方で、賢くて分別がある大勢の人たちが、ある問題を意図しようとしまいと、この数年見過ごしてきたのも事実だ。それは、わたしたちはみな知らず知らずデヴァイスと絶望的かつ危険なまでに密接にかかわり、もっと言えば中毒状態に陥っているのではないかという懸念である。

スクリーンタイムとウェルビーイング

現在の社会科学研究では、YouTubeの利用時間がスペイン語における動詞の活用を勉強するためなのか、あるいは過激な政治思想の動画を漁るように観ているのかを区別することはできない。どんな目的であれ、「スクリーンタイム」とひとくくりに片付けられてしまうのだ。

問題はこうした懸念の多くが曖昧なところから生じており、しばしば相反する内容を示した科学調査の結果によって広がってしまうことだ。この現象はどのようにして起きるのか。『Nature Human Behavior』に掲載されたオックスフォード大学インターネット研究所による論文で、わかりやすく説明されている。

論文によると、テクノロジーの使用に関する研究の基になっている大規模調査のデータは、さまざまに解釈することが可能である。ふたりの研究者が正反対の見解に至る場合もあるという。デヴァイスの使用時間とウェルビーイングの相関についても、矛盾した意見がすでに出ている。

両者の相関は実際のところ、とるに足りないというのが結論である。わたしたちはみなデヴァイス中毒だ、画面の眺めすぎは喫煙に次ぐ新たな健康問題だ、スマートフォンによって大多数の人々の精神状態がこの数十年で最も深刻だ──。こうしたおなじみの主張には、正当化できるほどの十分な根拠がない。

ただし、留意しておかねばならないことがある。おなじみの主張に根拠が足りないという結論は、デヴァイスが人間に影響を及ぼさないという意味ではない。

影響はあるのだ。ポケットの中のスーパーコンピューターから、わたしたちは生活のほとんどの場面で影響を受けている。食事中でもベッドのなかでも、誰かに会っていようといまいと、何かしら影響されているのだ。

1/3ページ

最終更新:4/4(木) 19:11
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.33』

コンデナスト・ジャパン

2019年6月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.33「MIRROR WORLD - #デジタルツインへようこそ」来るべき第三のグローバルプラットフォームを総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事