ここから本文です

【写真特集】カンボジアに狂乱を呼ぶチャイナマネー

4/4(木) 20:24配信

ニューズウィーク日本版

<中国から流れ込む巨額の投資マネーでカンボジアは今、大きく姿を変えつつある>

古い街並みは高層ビルや大型商業施設、高級住宅街に様変わりし、道路や港の急速な整備が進み、リゾート地には新たなカジノが続々と誕生――。長年にわたる苦難の時代を経験し、現在も東南アジアの最貧国の1つであるカンボジアは今、大きくその姿を変えつつある。

特集の他の写真を見る

背景にあるのは、中国から流れ込む巨額の投資マネーだ。中国にとってカンボジアは、地政学的に重要な意味合いを持つ。習近平政権が推進する一帯一路構想の戦略拠点となるだけでなく、南シナ海の領有権問題をめぐって対立するASEANを内部から切り崩す「駒」にもなる。

一方、1985年から続くフン・セン首相によるカンボジア独裁政権にとって、中国は最大の庇護者。今年の上院選、下院選とも与党が全議席を独占したが、野党党首の逮捕や野党への解散命令のような強引な政治手法に口は出さずカネを出す中国は、民主化を求める欧米より都合のいいパートナーだ。

こうした両国の思惑が一致した結果がカンボジアの激変だ。ただし乱立する高級物件の買い手は中国人投資家ばかりで、地元経済や住民への恩恵はわずかとの指摘もある。中国への依存は、この国に本当の成長をもたらすことができるのか。

Photographs by JOHN VINK

最終更新:4/4(木) 20:24
ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2019-5・28号
5/21発売

460円(税込)

【特集】ファーウェイの正体
中国軍出身者が作り上げた最強の5G通信企業ファーウェイが世界の情報網を支配する日

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事