ここから本文です

六本木の地下に広がる大人の隠れ家!お洒落で上質な居酒屋は押さえておいて損はナシ!

4/4(木) 5:20配信

東京カレンダー

飲食店において、周りの活気が一番のBGMとなって場が盛り上がることがある。

そんなワイガヤの楽しさと和食のよさが合わさり、仲間飲みに最適なのが『食幹 六本木』。

六本木の地下にある大人の秘密基地のような場所だ。

気心知れた仲間と飲んで食べて盛り上がりたい『食幹 六本木』

気心知れた仲間との夕食。みんな毎日忙しいからこそ、たまには元気を与え合う時間が必要なのだ。

普段は言えない本音を言う機会にもなる。

デートでも合コンでもない、こういう夜に最適なのは、肩肘はらない上質な店。

そして、予約をしなくても受け入れてくれる広い所が理想だ。加えて美味しい和食店ならお酒も進んで言うことなし。

日本酒やレモンサワーを調子よくあおりながら、飾らずとことん話す。ある意味心のデトックスのような時間。翌週からまた仕事を頑張れそうだ。

六本木の地下に、ここまで広い空間の店があったのかと『食幹 六本木』に入って驚くだろう。

コンクリート打ちっ放しの壁は程よいカジュアル感があって、コの字型カウンターが圧巻の迫力だ。

厨房はステージのように中央に位置している。

そのため客は焼きたての魚や盛りだくさんのお造りを見て、「あれ、頼もう」と選ぶことも多く、そんな瞬間も楽しい気分を盛りあげる。

また、スタッフのサービスが仰々しくなく、会話をはずませるようにおすすめの料理を教えてくれるのも親しい仲間との夜に合っているのだ。

『食幹』という看板をみてピンとくる人も多いはず。そう、あの渋谷のくずし割烹の先駆けの六本木店である。

そこに気づいた時点で、味のクオリティに安心感を得るだろう。

もとは渋谷から始まった『食幹』は、グルメな大人も満足する普段使いの最高峰だ。

渋谷のスタイルを継承し、巷の居酒屋とは一線を画する本格的かつウィットの効いた和食を提供する。

メニュー数は約60もあり、腹ペコで合流する同僚も満たされる。

燻製タコのポテトサラダ¥864にはクリームチーズの燻製も入れ、プチプチ食感が楽しいタスマニアンマスタードをたっぷりオン!

昆布締めにしたハタのカツ¥1,296。手作りのタルタルには黒とろろ昆布を入れて昆布締めとリンクさせている。昆布の風味が白ワインを呼ぶ。

また、オーダー必須なのが、渋谷の『食幹』の名物、土鍋の「和風ぱえりあ」¥3,240だ。

塩じゃけ、桜海老、ムール貝、あさり、いくら、が入り、米はムール貝とあさりの出汁で炊いている。魚介の旨味が凝縮し、最後はお茶漬けで〆る。

魚介の玉手箱のようなごはんが登場すれば、歓声が上がり高揚ムードに。

美味しすぎる”同じ釜の飯”が、ともに頑張る者同士の仲を深めてくれる。

東京カレンダー株式会社

最終更新:4/4(木) 5:20
東京カレンダー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京カレンダー

Tokyo Calendar.Inc

2019年8月号
6月21日発売

定価800円(税込み)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事