ここから本文です

あの「映画館通い放題」サーヴィス、価格改定に“7度目の正直”はあるのか?

4/5(金) 8:15配信

WIRED.jp

もうご存知だったら、この記事は読み飛ばして欲しい。定額で「映画館通い放題」サーヴィス「MoviePass」を提供するムーヴィーパスが、プランの内容をまた変更したのだ。

あの「映画館通い放題」サーヴィスが新プラン。ユーザーの信頼を取り戻せるか?

名前だけはお馴染みとなった見放題プランの最新版の内容は、初期のヴァージョンに近い。具体的には、年間契約をすれば月額9.95ドル(約1,110円)で通常作品は好きなだけ鑑賞できるのだが、当然のごとく条件が付いている。ちなみに料金プランの見直しは、過去1年半だけで7回目になる。

ここまで来ると、もはやこのプランで何ができるのかよくわからないし、そもそもいつまで続くかわからないサーヴィスを12カ月分も先払いするというのは不安だ。だからと言って月単位の契約にすると、月額利用料がいきなり14.95ドル(約1,670円)に跳ね上がる。しかも、これはプロモーション期間中のみの特別価格で、いつになるかは不明だが、プロモーションが終われば19.95ドル(約2,220円)になるという。

注意事項はさらに続く。「通常作品」とあるが、実際にどの映画が対象になるのか現時点では明確になっていない。しかも、ほとんどの人が読み飛ばすであろう細かな利用規約ではなく、サイトのトップに「システム全体に影響を及ぼすような過剰利用が認められれば、対象となる作品の選択肢が制限されることがあります」という但し書きがあるのだ。

試行錯誤の歴史

ムーヴィーパスは以前も鑑賞できる作品の種類を減らしたことがあったが、もちろんユーザーには不評だった。また、今後は上映開始時間の3時間前にならないとチケットを購入できないというルールが設けられるようだ。

今回の変更でついに持続可能なサーヴィスの提供が可能になるのかは、まだわからない。いずれにしてもムーヴィーパスは、これまでにも試行錯誤を繰り返してきた。その歴史を振り返ってみよう。

2011年6月27日:定額での映画館通い放題サーヴィス「MoviePass」が初めて発表された記念すべき日。利用料は月50ドル(約5,580円)で、3ドル(約330円)余計に払えば3DやIMAX作品も選べるオプションを付けることができた。この日は月曜日だったのだが、発表時点ではサンフランシスコのベイエリアで週末から試験展開を始める予定だった。

2011年6月30日:発表からわずか3日後、この試験展開が中止されることが明らかになった。AMCシアターズなど一部の映画館チェーンが、事前に契約などを交わしていないとして不参加を表明したためだ。このときは最終的に、9月からクーポン券を利用したシステムでサーヴィスを提供することになった。

2012年10月2日:クーポン券がチケット購入専用のデビットカードに切り替わることが明らかにされた。ただ、クーポンだろうがデビットカードだろうが、劇場側がこの“映画館版のNetflix”に不満と不安を感じていることに変わりはない。新しいプランの料金は地域によって異なるが、平均で月額29.99ドル(約3,340円)だった。

2016年7月:しばらくは穏やかな日々が続いたが、ミッチ・ローが最高経営責任者(CEO)に就任し方向転換を図ったことで、状況が一変した。新たな料金体系として月15ドル(約1,670円)から50ドルまで複数のプランが打ち出されたのだ。

1/2ページ

最終更新:4/5(金) 8:15
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.33』

コンデナスト・ジャパン

2019年6月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.33「MIRROR WORLD - #デジタルツインへようこそ」来るべき第三のグローバルプラットフォームを総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事