ここから本文です

史上初、ゲノム編集された“作物”が食卓にやってくる

4/5(金) 19:15配信

WIRED.jp

ゲノム編集作物の開発を手がけるカリクスト(Calyxt)の本社は、ミネソタ州ミネアポリス郊外にある。鉄とガラスづくりのオフィスビルは新築で、昨年の夏に稼働したばかりだ。

米農務省による「規制解除」が、ゲノム編集作物の普及を加速する

こちらもまだ新しい駐車場にクルマを止めて入り口に向かおうとしたところ、建物から最高科学責任者(CSO)のダニエル・ヴォイタスが出て来た。オフィスの裏手に整然と並んだ何棟もの温室とそれを囲むフェンスを前に、彼に「医療用の大麻かなにかを育てているんですか?」と聞いてみる。

温室で栽培されているのはマリファナではない。下手をすればそれよりさらに議論を呼びそうな代物で、具体的には遺伝子に手を加えた食用作物だ。

植物の品種改良は、はるか昔から行われていた。しかし、ここ数年で開発された強力なゲノム編集技術によって、非常に短時間でこれまでにないほど正確な遺伝子操作を行うことが可能になっている。

遺伝子の組み替えが主流だった黎明期と比べると雲泥の差で、第1世代の遺伝子組み替え(GM)作物に付いて回った負のイメージと厳しい規制は、すでに過去のものだ。大小さまざまな企業がこの技術を利用して、気候変動に対応したカカオや粘度の高いコーンスターチを得られるトウモロコシなどの開発に取り組んでいる。

カリクストは2月から、ゲノム編集によって品種改良した大豆から採取した大豆油「Calyno」の販売を開始した。健康に悪影響を及ぼす飽和脂肪酸の含有量が一般の大豆油より少ないほか、トランス脂肪酸はまったく含まれていないという。

初めての「健康のための」ゲノム編集作物

Calynoは小売店の店頭で売られているわけではないが、消費者はすでに口にしているはずだと、カリクストの最高経営責任者(CEO)のジム・ブロームは語る。AP通信の報道によると、カリクストの契約先には中西部でレストランチェーンを展開する企業が含まれており、Calynoはこのレストランで出される料理に使われているのだという。

カリクストは自社の大豆油について、心臓病の予防によいとされるオリーブオイルと同じような組成をもちながら、オーリブオイルに特有のクセの強いにおいがないと説明する。オリーブオイルの風味については好みが分かれるところだろうが、Calynoが遺伝子操作による植物の品種改良の歴史において重要な転換点であることは間違いない。

Calynoの原料の大豆は人類史上で初めて、収穫の効率化や天候不順に対処するためではなく、消費者の健康に合わせて手を加えられたGM作物なのだ。ヴォイタスは「現状では食品産業は、さまざまな問題に加工や化学的処理で対応しています」と言う。「わたしたちはこれを遺伝子の編集によって解決していこうと考えています」

1/3ページ

最終更新:4/5(金) 19:15
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.33』

コンデナスト・ジャパン

2019年6月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.33「MIRROR WORLD - #デジタルツインへようこそ」来るべき第三のグローバルプラットフォームを総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ