ここから本文です

宇垣美里がフリー転身後「女優としてブレイク」するための3条件

4/5(金) 5:30配信

週刊女性PRIME

 TBSを退社した宇垣美里の所属先が大手芸能事務所の『オスカープロモーション』に決まった。

【写真】かつて宇垣と熱愛が報じられた“男性アイドル”のプライベートショットはコチラ

 オスカーといえば、米倉涼子や上戸彩が所属する芸能プロダクション。

 もともとはモデル専門の事務所として知られていたが、今では俳優やお笑い芸人、アーティスト、文化人まで抱え、所属モデルは1000人を超すという。

 宇垣がオスカーを選んだ理由として、次のようにコメントを寄せている。

《いくつかのプロダクションとお話をさせていただいた中、ドラマ、バラエティー、舞台、映画など総合的にマネジメントをやっておられる事務所だと感じました。今後MC以外の仕事が充実できると考え、オスカープロモーションでお世話になることを決めました》

女子アナ“マルチタレント化”の時代

 番組の進行をする程度なら、ギャランティーの高いフリーアナではなく、局アナで十分とテレビ局が考えるのは自然なこと。その結果、フリーアナにアナウンサーとしての仕事が求められにくくなっている。

 となると、フリーアナたちはそれ以外の仕事を探す必要に駆(か)られ、宇垣アナのように“マルチタレント”を目指すことになるのだろう。女優業にも意欲的だと報じられた。

 たしかに最近では『下町ロケット』(TBS系)に出演した高島彩、『ブラックペアン』(TBS系)の加藤綾子、『絶対正義』(フジテレビ系)の田中みな実などがドラマに出演し、話題になるなど、女子アナの女優業への進出が目立つ。

 だが、これまで女優として成功したといえる元女子アナは少ない。

「また彼女を使おう」

 元女子アナの女優といえば、代表格は、一昨年に亡くなった野際陽子さんだ。NHKのアナウンサーから女優に転身し、見事に成功。150本近いドラマ、30本以上の映画に出演した。

 もう1人挙げるとすれば元フジテレビアナウンサーの八木亜希子か。 

 NHKの朝ドラ『あまちゃん』に出演したのは記憶に新しいが、同じくNHKの大河ドラマ『真田丸』にも出演し、'01年には映画『みんなのいえ』では準主役と言っていいほどの役柄を演じた。ちなみに、同作では第25回日本アカデミー賞で、新人俳優賞も受賞している。

 女優としての活躍が、認められるのはこのふたりだけではないだろうか。

 もちろん本人の才能もあるが、女優としてやっていけるかどうかは、所属事務所が女優の仕事を積極的に取ってくるかどうかにもかかっている。

 その点、宇垣の事務所に関しては、まったく問題なしだろう。あとは本人の才能しだいだが、彼女は局アナ時代にすでにドラマデビューをすませており、評判も上々だったという。そもそもアナウンサーということもあって、滑舌はしっかりしているし、度胸だってあるはずだ。これから必要なのは経験を積むことだ。

 また、演技力だけでなく、作品作りに携わるスタッフに気に入られることも女優業を続けるうえで大切だ。一時期、ドラマに引っ張りだこだった香里奈は周囲のスタッフに好かれることで「また彼女を使おう」とオファーが途切れることがなかったという。宇垣はどうか。

「彼女は入社1年目から『あさチャン!』に抜擢されるなど、新人時代から大いに期待されていた存在でしたが、共演していたアイドルとの熱愛が発覚。それが原因で降板させられると、プロデューサーに食ってかかり、コーヒーが入った紙コップを壁に投げつけたという逸話は有名です。徐々にレギュラー番組も少なくなり、しだいに局内では孤立しているように見えました。

 そんなことがあって退社しても、同局のラジオ番組のレギュラー続投が決定しています。つまり、一部では“はっきり自分の主張をする”その性格を気に入って一緒に仕事がしたいというスタッフもいます」(TBS関係者)

 環境さえ整えば、人気女優・宇垣美里がブレイクする日も近いのでは。

<芸能ジャーナリスト・佐々木博之>
◎元フライデー記者。現在も週刊誌等で取材活動を続けており、テレビ・ラジオ番組などでコメンテーターとしても活躍中。

文/佐々木博之(芸能ジャーナリスト)

最終更新:4/5(金) 5:30
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」6/4号

定価400円(税込)

「週刊女性PRIME」では「週刊女性」本誌の一部記事のほか「週刊女性PRIME」独自の記事を読むことができます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事