ここから本文です

歴史的にありえない意匠も 各地に濫造される「旧市街」テーマパーク化する街並み

4/5(金) 18:00配信 有料

週刊東洋経済

古建築と新築の区別があいまいに。写真は「陶磁器の都」として著名な景徳鎮の繁華街「前街」(撮影:田中信彦)

<2019年4月13日号> 所得水準の上昇で観光ブームに沸く中国で、歴史的建造物の保存と修復・復元をいかにすべきかが論議を呼んでいる。ここで修復というのは破損、老朽化したものを修理すること、復元とは失われたものを再現することだ。中にはゼロから復元した家並みを歴史的な建築物と誤認させかねない例もあり、商業主義の行き過ぎに異論を唱える声も出ている。 本文:1,466文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込54
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

田中 信彦 :ジャーナリスト(在上海)

最終更新:4/5(金) 18:00
週刊東洋経済