ここから本文です

天海祐希「みんなで密会してます」“キントリメンバー”はプライベートでも仲良し

4/5(金) 7:00配信

ザテレビジョン

4月11日(木)よりスタートする天海祐希主演ドラマ「緊急取調室」(毎週木曜夜9:00-9:54、テレビ朝日系※初回は夜9:00-10:09)の試写会&制作発表記者会見が東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、天海をはじめ、田中哲司、速水もこみち、鈴木浩介、大倉孝二、塚地武雅、でんでん、小日向文世が登壇した。

【写真を見る】特製巨大あんぱんに、天海祐希らもニッコリ!

本作は、妥協を許さないプロの取調官・真壁有希子(天海)ら「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」が、数々の凶悪犯と一進一退の心理戦を繰り広げる刑事ドラマシリーズの第3弾。新メンバーとして塚地武雅が、画像解析のエキスパート・玉垣松夫役で加入する。

■ キントリチームは“家族”

キントリチームとの2年ぶりの再会に、天海は「あまり2年ぶりという感じがしなかったです。長い撮休があったような感じ」とコメント。

田中も「確かに、初日からス~っと入ってきましたね。そこに、新メンバーのはずのドランクドラゴンが」と話すと、塚地はすかさず「なんでコンビ名で呼ぶんですか!」とツッコミを入れ、会場の笑いを誘った。

そんな塚地は、「本当に人気の作品ですし、皆さんアクが強いと言いますか、個性が際立っていて、何の特徴もない、見た目も普通な僕が通用するのかという不安もありますが(笑)、少しでもスパイスになるように頑張りたい」と力強く意気込みを。

小日向は、「こんなに長い間同じ作品に参加させてもらうのはこの作品が初めてです。やっぱり隊長の天海さんがパワーアップしておりまして、親分についていくような気分で日々頑張っております」と語った。

天海や田中が口をそろえて「お正月に集まった家族みたい」「結婚式に親戚が集まってドンチャンやっているような…」とキントリチームを例える中、塚地は「皆さん、寡黙でクールなイメージがあったので、苦戦する現場になるだろうなと思っていたんです。ですが、初日から皆さんいろんな話をしてくださって、あっという間になじませていただきました」と打ち明けた。

■ 取り調べを受けるなら玉ちゃん(塚地)

また、試写会に来場したファンからの質問で、「プライベートでも仲が良いか」と聞かれた天海は、「私は良いと思っているんですけど、大丈夫ですか? 思い過ごし?」と田中らに同意を求めると、一同は笑顔で即答。

続けて天海は、「みんなで密会しています。私が『そろそろ集まろう!』と言って、てっちゃん(田中)に丸投げします」と定期的に集会を開いていることを告白。

さらに、「この中で取り調べを受けるなら誰がいいか」という質問には、塚地以外の全員が「玉ちゃん(塚地)」と即答し、その理由として天海は「ごまかして押し切れそうだから。何回か取調室には入っているんですけど、まだちょっとオドオドしているところがあるんです、玉垣は」と語った。

撮影現場では、天海による豪華な差し入れも定番となっているキントリ。今回も「冷蔵庫にいつも天海さんが差し入れしてくれたパンがあって、小腹が空いたときにいただいています」(小日向)、「ポップコーンの製造機もあるんです! ホッカホカのが出てくる。日を追うごとにおいしくなってきて、TOHOシネマズに負けないくらいおいしい(笑)」(塚地)とその文化は継続している様子で、一同は日々楽しみにしていることを明かした。

■ 絆も頑張りも変わらず続けたい

さらに、会見当日の4月4日が「あんぱんの日」であることにちなんで、キントリ特製の巨大あんぱんが登場する一幕も。

最後に天海は、来場したファンに「皆さんが最初の視聴者です。責任重大ですよ。たくさんの方に楽しんでいただけると、まだまだ続くかもしれません。変わらないもの、変わっていかなければならないものがある中で、キントリは絆も、頑張りも変わらず続けたいと思っています」とアピールした。

■ 第1話あらすじ

全取り調べの完全可視化が実行される日を数カ月後に控えた警視庁では、各署の幹部を集め、被疑者への接し方を穏やかにするよう極端な指導が行われていた。ところが幹部たちが見学する中、「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」の取調官・有希子は反省の色がまったく見られない被疑者を激しい剣幕で一喝。

警視庁初の女性刑事部参事官・菊池玲子(浅野温子)から、しばらく取り調べを控え、新任の教育係に専念するよう命じられてしまう。

その矢先、傷害致死・死体遺棄事件で懲役12年の判決が確定し、護送中だった受刑者・野本雄太(淵上泰史)が逃走。主婦・藤沢さおり(市川由衣)を人質にして民家に立てこもった野本は、なぜか交渉役に玲子を指名する。

一人で家内に突入した玲子は野本に対して発砲。死なせてしまうという、警視庁を揺るがす事態へと発展する。

(ザテレビジョン)

最終更新:4/10(水) 23:26
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン22号
5月22日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事