ここから本文です

小林よしひさ「さんま御殿SP」で民放初出演「ブンバ・ボーン!」披露に一同感激!

4/5(金) 13:19配信

ザテレビジョン

元“体操のお兄さん”の小林よしひさが、4月16日(火)放送の「超特大さんま御殿!! 坂上忍ヒロミ女子アナ 豪華芸能人が満開SP」(夜7:00-9:54、日本テレビ系)で、民放初出演を果たす。

【写真を見る】ママタレントに大人気の小林よしひさ

小林は、子ども向け教育番組「おかあさんといっしょ」(毎週月~土曜朝8:00-8:24ほか、NHK Eテレ)で歴代最長となる14年間“体操のお兄さん”を務め、2019年3月に同番組を卒業。“よしおにいさん”の愛称で親しまれ、体操の歌「ブンバ・ボーン!」で人気を博した。

■ ゲスト陣も大喜び!

よしおにいさんの出演で、子どもを持つママタレントたちは大興奮。

SHELLYは「よしおにいさんは、宝物を持つように子どもを抱きかかえるのが、すごいすてきなんです!」と絶賛し、美奈子も「うちは8人分、ずっとお世話になっています!」、小倉優子は「見に行ってます、NHKホール! 今日お会いできてうれしい」とそれぞれ感激した様子。

明石家さんまから、「どうですか、バラエティー番組は?」と聞かれた小林は、「これだけのゲストの皆さん、そしてさんまさんがいらっしゃるので、『何かしゃべれば周りが大爆笑とってくれるから』と(スタッフに)言われた」と裏話を明かす。

さんまは「そんな自信ないで(笑)」と言い、早速笑いを巻き起こした。

■ 「ブンバ・ボーン!」披露で大盛り上がり!

また、小林は「ファンから『よしおにいさんだ!』ではなくて、“ブンバボン”だ!と言われる」というエピソードを話す。「“ブンバボン”ってどんなやつなの?」とさんまに聞かれると、スタジオで生「ブンバ・ボーン!」を披露。SHELLYらは「うれしい!」と感激し大盛り上がり。

そんな人気ぶりにも冷静な小林は、「今日この収録が(民放)初めてなので、これで失敗したらアウトかなと思っています。さんまさん、本当によろしくお願いします」と心境を明かす。

さんまは「まだ面白いことを求めるキャラではないので、変なことを言わなければ大丈夫。ただ、そのあと(テレビに出続けること)が大変かも、芸能界は」と、バラエティー初心者の小林にベテランならではのエールを送る。

(ザテレビジョン)

最終更新:4/5(金) 13:19
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン34号
8月16日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事