ここから本文です

「楽天証券のiDeCo」で買える投資信託の特徴とは?他社では買えない商品を取り揃え、パフォーマンスが良いアクティブ型投資信託も充実しているのが魅力!

4/5(金) 21:20配信

ダイヤモンド・ザイ

 楽天証券でiDeCo(個人型確定拠出年金)を始めると、どんな投資信託が運用できるのか、一部抜粋して紹介! 

【詳細画像または表】

 発売中のダイヤモンド・ザイ2019年5月号では、「口座開設無料9社が扱うiDeCoの全投信201本 コスト&成績を大公開」を特集!  売買益が非課税になり、所得控除などのメリットがあるiDeCoだが、どの金融機関で始めるか迷っている人もいるだろう。そこで、この特集では口座管理手数料が0円の金融機関9社をピックアップし、取り扱いのある全投資信託の信託報酬と成績を掲載している。

 今回は、特集内から「楽天証券のiDeCo」で取り扱っている商品の一部を抜粋!  新年度を迎え、今こそiDeCoを始めたい!  と思っている人は、ぜひ参考にしてみてほしい。

口座管理手数料が0円の金融機関9社の取扱い投資信託の本数は? 
インデックス型とアクティブ型のバランスがいいのは楽天証券! 
 金融機関ごとにiDeCoの商品ラインナップは異なり、投資信託の取り扱い本数も大幅に異なっている。

 【※関連記事はこちら! 】
⇒「iDeCo」を始めるなら、おすすめ金融機関はココ!  口座管理料が無料になり、投資信託のラインナップが充実している「SBI証券」と「楽天証券」を比較! 

 上の図のとおり、インデックス型の投資信託が中心で、アクティブ型投資信託の本数が少ない金融機関が多いが、なかでも比較的バランスよく取り揃えているのが楽天証券だ。

 楽天証券は従来から、日本株型のアクティブ型投資信託では「MHAM日本成長株ファンド」や「コモンズ30 ファンド」、先進国株型のインデックス型の投資信託では「楽天・全世界株式インデックス・ファンド[愛称:楽天・バンガード・ファンド(全世界株式)]」や、1本で米国全体の株式に投資できる「楽天・全米株式インデックス・ファンド楽天・全米株式インデックス・ファンド[愛称:楽天・バンガード・ファンド(全米株式)]」といった具合に、ほかの金融機関のiDeCoでは買えないユニークな投資信託を揃えている。 なお、下の表で紹介しているのは、楽天証券のiDeCoで取り扱う日本株型のアクティブ型投資信託のうち、過去3年間の成績が高いものをランキング形式で表したもの。先に挙げた「MHAM日本成長株ファンド」と「コモンズ30 ファンド」はランキング1位と2位に名を連ねている。 ◆「楽天証券のiDeCo」のアクティブ日本株型投資信託の成績ランキング

 順位
 信託報酬
(税込)
 成績
 最新の
基準価額
 3年
 1年
 1位
 ◆MHAM日本成長株ファンド〈DC年金〉/アセットマネジメントOne
 1.67%
 58.2%
 -14.8%

【MHAM日本成長株ファンドの特徴】
サービス業へ多く投資

競争力と利益の成長性に注目して銘柄を選定。2019年1月末時点での業種別組み入れ比率はサービス業が24%、情報・通信が17%と、TOPIXよりも高めている。
【組み入れ上位5社と比率】
1位「リログループ(8876)」(2.6%)、2位「ネットワンシステムズ(7518)」(2.5%)、3位「エス・エム・エス(2175)」(2.5%)、4位「クレハ(4023)」(2.5%)、5位「ジャパンマテリアル(6055)」(2.4%)
 2位
 ◆コモンズ30 ファンド/コモンズ
 1.06%
 23.5%
 -13.1%

【コモンズ30 ファンドの特徴】
独自の視点で銘柄を選別

顧客や株主との対話を積極的に行っているかも重視して銘柄を選別。投資銘柄数は2019年1月末時点で30銘柄。3年間の成績はインデックス型を上回る。
【組み入れ上位5社と比率】
1位「信越化学工業(4063)」(3.7%)、2位「資生堂(4911)」(3.7%)、3位「ユニ・チャーム(8113)」(3.6%)、4位「カカクコム(2371)」(3.6%)、5位「三菱商事(8058)」(3.4%)
 3位
 ◆フィデリティ・日本成長株・ファンド/フィデリティ
 1.65%
 13.2%
 -20.9%

【フィデリティ・日本成長株・ファンドの特徴】
投資銘柄数は280銘柄以上

成長力を重視して銘柄を選別すると謳うが、組み入れ銘柄数は2018年時点で282銘柄と、日経平均より多い。3年間の成績はインデックス型を下回っている。
【組み入れ上位5社と比率】
1位「ミスミグループ本社(9962)」(4.6%)、2位「マキタ(6586)」(3.7%)、3位「キーエンス(6861)」(3.5%)、4位「三浦工業(6005)」(3.3%)、5位「シマノ(7309)」(2.4%)
 ※データは2019年1月末時点。ランキングは「3年の成績」が高い順。

 また、ほかの金融機関では国内債券型はインデックス型しかないが、楽天証券ではアクティブ型として「DCしあわせ宣言」をラインアップしている。同じくアクティブ型として、先進国債型ではハイ・イールド債券に投資する「みずほUSハイイールドファンド〈DC年金〉」も用意。債券型でも市場平均を上回る投資信託を探しているなら、こうした品揃えにも注目したい。

 その一方で、インデックス型では日経225、先進国株型、先進国債券型で低コストな、たわらノーロード・シリーズの投資信託を用意している。「アクティブ型投信は成績で、インデックス型投信はコストに注目」というポリシーに基づいた商品構成といえるだろう。
【※関連記事はこちら! 】
⇒【楽天証券のiDeCo、手数料・メリットは? 】口座管理料が誰でもずっと「無料」でお得!  運用コストを抑えた投資信託を多数ラインナップ

 ◆楽天証券 ⇒iDeCo詳細ページへ

 口座管理料(月額)
 手数料
 投資信託
 加入・移換時
 運営機関変更時
 0円
 0円
 0円
 31本
【おすすめポイント】口座管理料が誰でも無料!  信託報酬の低い投信を多数ラインナップ! 
口座管理料は残高を問わず誰でも0円で、コスト面から最もお得な金融機関の1つ。投資信託のラインナップは31本と豊富。信託報酬の低いインデックス型投信が揃っており、特に超低コストで全世界や米国に投資できる「楽天・全世界株インデックス・ファンド」「楽天・全米株式インデックス・ファンド」は注目だ。「MHAM日本成長株ファンド」など好成績のアクティブ型投信も用意。
2019年6月30日までにiDeCo口座を開設すると(要エントリー・申込書を5月13日必着で返送する必要あり)、全員に200ポイントをプレゼント&抽選で100名にワインが当たるキャンペーンを実施中。
【関連記事】
◆【楽天証券のiDeCo、手数料・メリットは? 】 口座管理料が誰でもずっと「無料」でお得! 運用コストを抑えた投資信託を多数ラインナップ
◆「iDeCo」を始めるなら、おすすめ金融機関はココ!  口座管理料が無料になり、投資信託のラインナップが 充実している「SBI証券」と「楽天証券」を比較! 

楽天証券のiDeCoなら、口座管理料(運営管理手数料)が条件なしで誰でも無料! 

iDeCoの情報のほか、株や投資信託の情報も満載! 
ダイヤモンド・ザイ5月号をチェック! 
 今回は、発売中のダイヤモンド・ザイ2019年5月号の特集「口座開設無料9社が扱うiDeCoの全投信201本 コスト&成績を大公開」から、iDeCoの金融機関や投資信託選びの基本を抜粋した。誌面では、楽天証券以外の注目金融機関の商品ラインナップや特徴も解説しており、比較検討することが可能なので、iDeCoを始めたい人は要チェック! 

 なお、ダイヤモンド・ザイ2019年5月号の大特集は「買っていい×買ってはいけないをズバリ判定!  人気の株500激辛診断 2019春」!  人気銘柄を「買い」「強気」「中立」「弱気」「売り」の5段階でプロが評価している。また、「配当利回りが高い株ランキング」「初心者必見の少額で買える株ランキング」など5つの銘柄ランキングも掲載しているので、投資先選びの参考になるはずだ。

 ほかにも「億を作った勝ち組から学ぶ 株入門! 」「主要10銀行の ATM&振込手数料を徹底比較! 」「新入社員&初心者は必見!  自分で年金づくり入門 確定拠出年金のキホン」など、お得な情報が盛りだくさん。

 別冊付録は「上場全3715銘柄の理論株価 ─ 儲かる4大ランキング付き」で、全上場銘柄の理論株価を網羅。12月期決算企業の最新決算で、理論株価が前回から一変しているので必見だ! 

 ダイヤモンド・ザイ2019年5月号は、全国の書店や楽天ブックスにて好評発売中! 

ザイ編集部

最終更新:4/5(金) 21:20
ダイヤモンド・ザイ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事