ここから本文です

原辰徳監督の不気味な笑顔【川口和久のスクリューボール】

4/6(土) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

話題豊富な開幕戦

中央が原監督。マツダでの2勝1敗は大きい/写真=前島進

 いよいよプロ野球が開幕した。3月29日、平成最後の開幕戦では、広島・大瀬良大地が素晴らしいピッチングで巨人を完封。失投がほとんどなく、三番の丸佳浩も4三振と完全に抑え込んだ。奪三振11のうちクリーンアップから8三振はすごいね。巨人の場合、二番の坂本勇人もクリーンアップみたいなものだから、合わせたら10奪三振か。まさにエースだ。ほかにDeNAでは今永昇太、ソフトバンクは千賀滉大がキレキレの投球を見せ、日本ハムでは中田翔が「ふざけんな、バカヤロー!」のサヨナラ満塁ホームランでしょ。申告敬遠2つもやられたら腹も立つよね。完全にオリックスベンチのミスだ。新人もそれなりに活躍したし、話題豊富な1日だったと思う。

 俺が開幕3連戦で一番注目していたのは、オープン戦では手探り状態だった巨人の勝利の方程式。2、3戦目の勝ちゲームを見ると、まずは吉川光夫、中川皓太、クックでスタートするようだ。ただ、原辰徳監督の中で、このまま最後まで行くつもりはないと思う。俺がコーチ時代はマシソン、山口鉄也、西村健太朗で固定していた。最後の3人を決めると戦い方がぐっと楽になるが、ひとまずの確定は7回の吉川光と抑えのクックで8回は決めてないと思うよ。

 ただ、「固定」してないわけじゃない。原監督の中では吉川光、水野、クックで「固定」してるはずさ。水野って誰? と思うかもしれないが・・・ 本文:1,328文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:4/6(土) 10:00
週刊ベースボールONLINE