ここから本文です

ウェアラブル端末が、子どもの「見えない障害」を見つけ出す

4/6(土) 12:11配信

WIRED.jp

年齢を重ねるにつれ、人の脳は融通が利かなくなる。実際、長きにわたって行動を改善していきたいなら、まだ脳が柔軟なうちにできるだけ早く手を打つのがいちばんだ。

妊婦や子ども向けウェアラブル機器の市場が急拡大、でも本当に必要なのか?

小児精神科医はみな、早期の医療的介入に重点を置いている。そうは言っても、不安や抑うつなど自らの葛藤を内面に向ける内在性障害の診断は、なかなかうまくいかないものだ。

科学論文によると、子どもたちのほぼ20パーセントがこうした内在性障害の予備軍だという。不安や抑うつの症状を示す子どものなかには、自分の気持ちをうまく言い表せない子どもがいる。あるいは、誰かに打ち明けてもよいのだと気づいてさえいない子どももいるのだ。

この分野の先駆けとして、ミシガン大学とヴァーモント大学から集まった研究者のグループが、小児向けの新たな早期診断方法の開発を現在進めている。その方法とは、ウェアラブル端末を使用したメソッドだ。医学論文を掲載する科学雑誌『Plos One』で紹介された研究によると、研究チームは市販のウェアラブルセンサーを使って特定の課題に取り組むことで、診断にかかる時間を早めることに成功した。

診断にかかる時間を短縮する方法を探る背景には、対象が子どもの場合、小児科医と精神科医の間で情報を照会し合ったり、親からの聞き取りを実施したりといういくつものハードルを越えなければ、支援にたどり着けない現状がある。そこで研究者たちは、より迅速にデータを分析し、診断に必要なステップを減らす方法を見つけようとしているのだ。

ウェアラブル端末の可能性

医療情報を追跡できるウェアラブル端末と聞くと、魅力的というよりディストピア小説のなかの話のように聞こえるのではないだろうか。しかし、それほど現実離れしたものでもない。

例えば、アスリートたちはすでにウェアラブル端末を活用している。体に装着したデヴァイスが、外から動きを観察するよりもずっときめ細かい情報を収集してくれるからだ。そして医学の世界でも、成人を対象としたウェアラブル端末の試用実験がさまざまな状況下で実施されている。

ウェアラブル端末に新たな価値を見出すのは、若年層のユーザーたちだだろう。なぜなら、たいていの子どもは自分の気持ちを医師たちにうまく伝えられない。大人に話してもよいのだとわかっていない子どもさえいるからだ。

「ADHD(注意欠陥・多動性障害)による多動性など、見た目から判断できる問題については、親や教師が気づいてあげることができます」と、ヴァーモント大学精神医学部のエレン・マクギニスは言う。「一方で、目に映りにくい内在性障害については、幼児の不安や抑うつを測る客観的な指標を見つけて、子供たちの声なき声を聞き取ることが重要でしょう。さもないと症状がうっかり見落とされる恐れがあります」

1/3ページ

最終更新:4/6(土) 12:11
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.33』

コンデナスト・ジャパン

2019年6月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.33「MIRROR WORLD - #デジタルツインへようこそ」来るべき第三のグローバルプラットフォームを総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ