ここから本文です

まるでアニメか映画の世界! 実在する宇宙船のような衝撃デザインのクルマ7選

4/6(土) 11:40配信

WEB CARTOP

デザインスケッチどおりに作られたクルマも

 クルマというのは機能も大切だが、デザイン性も重要だ。極端なことを言ってしまうと、走りなどの機能に遜色があっても、デザインが良ければ話題になったり、売れたりすることもある。今回は、デザイン性どころのレベルではない、奇抜な宇宙船のようなデザインのクルマを紹介しよう。

一度見たら忘れられない「変顔」グルマ5選!

1)スバル・アルシオーネSVX

 ジウジアーロデザインで、本人がスケッチ通りに作りすぎ! と驚いたと言われるほどのユニークさ。サイドウインドはなにかの窓口じゃないかというほど小さいし(本当はなしにしたかったらしい)、インパネのスイッチ類はコクピットのように並んでいてユニークを通り越した感じ。

2)いすゞ・ピアッツァ(初代)

 同じくジウジアーロのデザインで登場したのが、初代ピアッツァ。直線基調のデザインもさることながら、細かい部分では変な形の1本ワイパーを採用していた。

 車内は宇宙船のようなデザインが満載。スイッチ類はメーターの両脇に集約され、ステアリングから手を離さなくても操作可能で、ウインカーもそこで操作した。またデジタルメーターやエアコンの吹き出し口など、ユニークな装備ばかりだった。

3)いすゞ・ピアッツァ(2代目)

 初代で終わりかと思いきや、2代目が登場したときは驚いた。デザインはジウジアーロから、かの中村史郎氏にスイッチ。

 丸みを帯びつつ、飛び出したような顔つきはまさに宇宙船のようだったが、GMメインのクルマで国内での人気は今ひとつ。GMがらみでピアッツァ・ネロとしてヤナセで売られていたのも特異だった。

4)スズキ・キャリイ(4代目)

 1969年に登場した、4代目はこれまたジウジアーロが手がけたもので、前か後ろかはっきりしない、前後対称のデザインで、顔つきともども宇宙船みたいだった。そつのないピニンファリーナに対して、ジウジアーロのほうが攻めたデザインが多い。

5)シトロエンDS

 お次は海外へと目を転じよう。自動車史上最高の宇宙船グルマが、このDSだろう。デザインを担当したのはベルトーニで、2CVも手がけた奇才。

 発表されたのは1955年で、その先進性に驚かされるが、それをドゴール大統領が公用車として使っていたのもさすがフランスだ。このあたりの感じは映画『ジャッカルの日』を見るとよくわかる。さらに驚くのはモンテカルロなどのラリーに参戦していることで、成績もまずまずだった。

 実際に乗ったことがあるが、ハイドロニューマチックならではのフワフワした感じで、掛け値なしで宇宙船みたいだった。

1/2ページ

最終更新:4/6(土) 11:40
WEB CARTOP

記事提供社からのご案内(外部サイト)

クルマの「知りたい」を完全網羅
新車試乗・最新技術・お役立ち情報 etc……
すべてがわかる自動車メディアの決定版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事