ここから本文です

美しすぎるフルーツサンド⁈ 行ったら絶対に自慢したくなる銀座の新定番!

4/6(土) 5:20配信

東京カレンダー

今、銀座で話題になっているのが、「美しすぎるフルーツサンド」こと、『Furutoshi』のオープンサンド型のフルーツサンドだ。

見た目のインパクトだけではなく味も絶品!その魅力に迫った!

“フルーツサンド”の常識を覆す大胆で華麗なビジュアルに注目!

華やかなビジュアルと美味しさで話題となっているのが、ソラリア西鉄ホテル銀座2階に位置するレストラン『Furutoshi』のモーニングで提供中の「フルーツサンド」だ。

“サンド”という名前にとらわれない大胆で斬新なビジュアルに「え?これがフルーツサンド?!」と思わずにはいられない。

有名ベーカリー『365日』杉窪氏が監修!

そんな唯一無二の「フルーツサンド」を生み出したのが代々木上原の超人気ベーカリー『365日』の杉窪章匤氏だ。

なんと言っても素晴らしいのは、口に運んだ時の食パン、生クリーム、フルーツの一体感。

これはフルーツをバットの上に並べ、その上から生クリームと、福岡県産みなみの穂と、北海道産ゆめちからの2種をブレンドして作られる「365日食パン」をのせた状態で1日寝かせる工程から生み出されるという。

美味しさの決め手となるのは“一体感”

1日寝かせることで、生クリームの糖分とフルーツの糖分や酸味などが調和していく。口に運んだ時、オープンサンドのようにフルーツが主張しすぎることなく、三位一体となるのが美味しさの決め手となっているのだ。

モーニングでしか味わえないこの「フルーツサンド」は、早起きしてでも食べたい一品である。

モーニングでは、他にも2種の食パンと季節野菜のスープ、お惣菜がワンプレートで楽しめる「代々木の名店「365日」の食パンセット」や「北海道産ゆめぴりかご飯セット」(各1名2,100円)も用意。

話題の「フルーツサンド」を味わいに、優雅な朝の時間を楽しめる『Furutoshi』を訪れてみてはいかがだろう。

こだわり食材で作るディナーコースも絶品揃い

モーニングだけでなく『Furutoshi』のディナーにも注目したい。銀座4丁目という立地で全9品のコースを1名5,500円で楽しめるのが嬉しい。この日はコースの中から前菜2品と肉料理1品をご用意いただいた。

まずは前菜の「トマトとモッツァレラブッファのカプレーゼ オリーブオイルのスープ仕立て、バジルの泡」。

千葉県柏市の「ファッショントマトハウス深野」から仕入れるトマトは、甘みと旨みがとても強く、後味は爽やか。トマトの味わいを楽しめるようにオリーブオイルのスープ仕立てと、バジルの泡と共に召し上がれ。

1/2ページ

最終更新:4/6(土) 5:20
東京カレンダー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京カレンダー

Tokyo Calendar.Inc

2019年7月号
5月21日発売

定価800円(税込み)

大人が楽しむハワイ
まだまだ知らなかった「ハワイ」がある

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事