ここから本文です

「ジェネリック医薬品って大丈夫?」「処方箋っていつ薬局に持って行ってもいいの?」…薬局の疑問を解決しよう

4/7(日) 12:01配信

OurAge

病気の処方薬は病院内で出してもらうものだったが、現在は薬の処方は医師が、調剤は薬剤師が分担して行うという制度に移行している。院外の薬局で受け取ることがほとんどだ。薬局で薬をもらうときにいつも感じる素朴な疑問を、医薬ジャーナリストの藤田道男さんにうかがった。

Q.最近よくジェネリックをすすめられるけれど、本当に大丈夫?
A.飲みやすさなども向上しているので取り入れる価値あり

特許が切れた新薬と同じ有効成分を配合した後発薬で、値段が安いことがメリットのジェネリック医薬品。一方で、「効き目は本当に同じ?」「 安くて大丈夫?」 などの声がある。ジェネリック医薬品は、コーティング剤などが違うだけなので、効き目は一緒。むしろ苦味が抑えられていたり、錠剤を小さくしたり形状を変えたりして、飲みやすさは向上している。国が負担する医療費も減るので、積極的に取り入れるべき。新薬と同じメーカーのジェネリックの場合、半額程度になることも。

Q.その薬局で取り扱いのない薬は送ってもらえるの?
A.事前に薬剤師が服薬指導すれば郵送が可能に

薬の在庫がなければすぐに取り寄せて、近所であれば自宅に届けてくれるところもある。処方薬の郵送については、医薬品医療機器等法に抵触するため原則的に禁止されていたが、2017年、薬剤師が服薬指導を行ったあとであれば、郵送サービスを行っても問題はないと経済産業省が明言。ただし、送料がかかる場合や、郵送サービスを行っていない店舗もあるので、各薬局に確認を。

Q.同じ薬が大量に余ってしまいます…
A.返品は不可だが、次の処方の際に調整してもらえる

飲むのをうっかり忘れたりして薬が余ってしまうのはよくあること。一度受け取った薬は返品不可。同じ症状だからと、家族や他人に薬を分けたりしてもいけない。ただ、次回、同じ薬を処方された場合は、余っていることを薬局で伝えれば、薬剤師が医師に確認して量などを調整してくれる。ちなみに、病院で処方された医薬品の使用期限は3~5年が目安。薬歴などの確認も必要なため、お薬手帳や残薬を持参して薬局に相談してみよう。

Q.処方箋って、いつ薬局に持っていってもいいの?
A.期限がある。交付から4日以内に薬局へ

処方箋には有効期限があり、交付日を含めて4日。日曜や祝日も含まれるので、早めに薬局へ持っていこう。有効期限を過ぎると、薬局では受付ができなくなり、病院で再発行する必要が。しかも、再発行は保険が適用されず、診察料、処方箋料、薬代が全額自費負担になるので要注意! 再発行でも保険が使えるとなると、ひとつの処方箋で大量の薬を出せることになってしまうので、不正防止のために保険が使えないようになっているのだ。

イラスト/かたおか朋子 構成・原文/矢沢美香(STRIPE)

最終更新:4/7(日) 12:01
OurAge

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事