ここから本文です

ロナウジーニョの息子がブラジルの名門とプロ契約! 入団テストでは出自を隠して…「成功は確信!」

4/7(日) 7:12配信

SOCCER DIGEST Web

スピードのある大型ストライカーとの評価

 サッカー王国ブラジルが生んだ偉大なるクラッキ、ロナウジーニョ――その息子もまた天賦の才を受け継いでいるのかもしれない。

【動画】ロナウジーニョが自画自賛した神タッチはこちら

 現地時間4月5日、ブラジル1部リーグのクルゼイロはクラブの公式サイトで、バルセロナなどで活躍した元セレソンのロナウジーニョの息子、ジョアン・メンデスとの契約を締結したと発表した。

 現役時代にマジシャンの如く華麗なテクニックと溢れ出る創造性で多くのサッカー・ファンを魅了したロナウジーニョが、2004~2007年にかけて結婚していたジャナイナさんとの間に生まれたジョアン・メンデスは現在14歳。昨年にクルゼイロの下部組織への入団テストを受けた際にはロナウジーニョの息子である事実を隠して合格を勝ち取り、プロ契約を勝ち取った時にスカウトに自らの出自を明かしたという。

 その実力は父親譲りで、本職はストライカーながら、2列目も巧みにこなしているという。また、14歳ながらすでに身長は178センチでパワフルなプレーも売りとしているようだ。クルゼイロの下部組織でディレクターを務めているアマリウド・リベイロ氏は、次のように太鼓判を押している。

「彼は体格が良く、技術レベルも非常に高いプレーヤーだ。ストライカーでも、セカンドトップでも問題なくこなすことができる。大柄だが、スピードもあり、フィニッシュも優れているんだ。面白い特徴を持った有望なプレーヤーだし、すぐにトップチームで試合に出て、成功すること確信している」

 レナト・ガウショやロナウド、リバウドなど、これまでも多くの名手を輩出してきたクルゼイロと20歳になる2025年2月21日までの契約を結んだジョアン・メンデスは、次のように将来への展望を口にした。

「クルゼイロはブラジル最大のクラブであり、ここでプレーするのを楽しみにしている。今日はとても幸せな日になった。神に感謝しているよ。いち早くプロとしてプレーし、アトレチコ・ミネイロ戦でファンに捧げるゴールを決めることが僕の夢です」

 ロナウジーニョが現役時代に在籍した宿敵からのゴールを誓ったジョアン・メンデス。いわゆる“2世選手”は、偉大過ぎる父親と比較され、才能を開花させられないまま、潰れていくケースも少なくないが、はたしていかなるキャリアを歩むのか。大いに注目したい。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

最終更新:4/7(日) 7:12
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事