ここから本文です

なんと200本のフラフープを一気に回す! 驚きの世界記録は、こうして生まれた

4/7(日) 12:10配信

WIRED.jp

とても寒くて、どんより曇ったある日の出来事だった。マラワ・イブラヒムは、ロサンジェルスのチャイナタウンにある誰もいない路地で、およそ30本のきらめくフラフープを回そうと準備していた。

【動画】なんと200本のフラフープを一気に回す!

人呼んで、マラワ・ザ・アメージング。ここは彼女のスタジオの外なのだ。

あり得ない本数のフラフープだ──ほとんどの人は、そう思うだろう。しかし、30本のフラフープを回すことなど、オーストラリアの国立サーカス芸術学院を出てフラフープの世界記録を複数もっているマラワにとっては、準備体操にすぎない。

フラフープの一つひとつに、高価なきらきら光るテープが手作業で巻きつけられていた。これらが円柱状に積まれている。

その中心に、ヒョウ柄のユニタード姿のマラワが立った。フラフープを持ち上げ、背中のくぼみに押し当てたあと、頭上に掲げてから地面と平行にする。こうした動きをとるのは習慣だと彼女は話す。バスケットボールでフリースローの前にプレイヤーが見せるルーティーンのようなものだという。

足を大きく開いて、踏ん張る。胴体をまず右にひねり、次に素早く左にひねりながら、フラフープを右手で反時計回りに動かした。

サインカーブを描くボディ

フラフープが回っている。

腕を頭上にまっすぐ伸ばして、サインカーブを垂直に描くように、彼女の体はうねっている。フラフープは、彼女の肩から膝までボディに沿って広がる。

最初は一斉に回転するが、だんだんとスピログラフを使って描いたような形にずれていく。この形を「スカーティング」と彼女は呼んでいる。

再び、フラフープがいくつかの束になって回る。マラワは微笑み、眉を上げ、フラフープをその場で回す。

フラフープはまだ回り続けている。

あるとき、1本のフラフープが彼女のコントロールから外れたように見えた。膝より低い位置に下がり、地面に音をたてて落ちそうだ。

その1本に彼女は気づいた。彼女の意識は、おそらくタコのように体の隅々まで及んでいるのだろう。全身をくねくねさせて(この言葉では、一連の動作に必要となる彼女の身体的能力がいかに素晴らしいかを、まったく説明できていないが)その1本を彼女は救い出した。らせんを描きながら引っ張り上げ、ほかのフラフープと合流させたのだ。

1/4ページ

最終更新:4/9(火) 3:05
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.33』

コンデナスト・ジャパン

2019年6月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.33「MIRROR WORLD - #デジタルツインへようこそ」来るべき第三のグローバルプラットフォームを総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ

あわせて読みたい