ここから本文です

この春は体形カバーもかなう大人の【進化系シャツ】が大豊作!

4/7(日) 20:50配信

集英社ハピプラニュース

ベーシックアイテムゆえに、ともすると“地味、まじめ、似合わない”と決めつけて、着ない人も多いのでは? そんな先入観はいったん忘れて、この春はシャツに注目。肩幅の有無、首の長さ、好きなテイストを問わず、どんな体型の人にも、どんなスタイルにも取り入れやすいと話題の進化系シャツ。春夏のおしゃれに欠かせない最強のワードローブが登場!

【写真】2019年春「大人が着映える服」はこちら

1.シャツをジャケット感覚で重ねたワントーンが新鮮!

開襟シャツのラフさと、サテン素材のきれいめ感が絶妙な一枚を、同系色のカットソーの上にジャケット風にはおって。ドロップしすぎない肩とほどよくゆとりのある袖が、ネイビーをまじめに見せず、今どきなワントーンへと導いてくれる。
シャツ¥28,000/ユナイテッドアローズ 有楽町店(ユナイテッドアローズ) カットソー¥4,800/ユナイテッドアローズ 新宿店(バトナー) パンツ¥25,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) ピアス¥9,000・バングル¥21,000/プラージュ 代官山店(フィリップ オーディベール) バッグ¥80,000/ロンシャン・ジャパン(ロンシャン) 靴¥106,000/マルティニーク丸ノ内(ジルサンダー)

2.大人も挑戦してみたいベビーピンクのリネンシャツ

少し色あせた風合いになるリネンだから甘くなりすぎないのもいい。
シャツ¥28,000/ロンハーマン(フランク&アイリーン フォー ロンハーマン) デニムパンツ¥38,000/サザビーリーグ(マザー)

3.一枚で着るワンピースだからこそ 素材の美しさをストレートに堪能

上質なシルクがつくり出す品のあるツヤが、淡いグレーのワンピースをぐっと華やかな存在に。共布ベルトでウエストをきゅっとマークすれば、優雅なドレープが生まれ、メリハリのある美シルエットに見せてくれる。繊細なピンタックを袖に施すなど細部まで意識したデザインは、特別な日のお出かけシーンにもぴったり。
ワンピース¥95,000/ストラスブルゴ(ハイアリン) ピアス 各¥52,000/ショールーム セッション(ヒロタカ) バッグ¥310,000/トッズ・ジャパン(トッズ)

撮影/金谷章平 ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/徳原文子 モデル/田沢美亜 ゆうき 取材・文/坪田あさみ

最終更新:4/7(日) 20:50
集英社ハピプラニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事