ここから本文です

レアル、来季の正守護神はクルトワか?控えGKはナバスでもジダン息子でもなく…

4/7(日) 23:30配信

フットボールチャンネル

 リーガ・エスパニョーラのレアル・マドリーは来季の守護神にベルギー代表GKティボー・クルトワを指名したようだ。スペイン『マルカ』などが現地時間の6日に報じた。

【写真特集】レアル・マドリーからもランクイン! プレイヤー能力値ランキング(1位~50位)

 クルトワは先月にジネディーヌ・ジダンが新指揮官に就任するまで、正守護神の座に君臨していた。だが、同指揮官就任後の初戦であるセルタ戦ではコスタリカ代表GKケイラー・ナバスが起用され、続くウエスカ戦では負傷の影響でジダンの息子であるルカ・ジダンがスタメンに入った。負傷の影響でクルトワは新指揮官就任後、1試合も出場していない。

 だが、同メディアによると、来季の正守護神にはナバスではなく、クルトワを検討しているという。さらに、控えGKにはマドリーから現在レガネスに期限付き移籍中のウクライナ代表GKアンドリー・ルニンを置きたいと考えているようだ。ルニンは昨季、1年間の期限付き移籍でレガネスに加入している。

 来季の正守護神、第2GKを示唆したマドリーはナバス放出を検討しているのだろう。また、ジダンの息子であるルカは第3GKとして、来季もマドリーでプレーするのだろうか。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:4/7(日) 23:30
フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事