ここから本文です

星の誕生と死

4/8(月) 8:11配信

WIRED.jp

今回は、子どもからお年寄りまで誰もが楽しめる「木星の環」について。土星の環には及ばないが、それでも環には変わりない。高校の科学の授業では聞き逃していたかもしれない、ちょっとした小話とともに紹介する。

【写真】星の誕生と死、その美しい様子

木星の環は以前から理論的には存在するとされてきたが、実際に発見されたのは惑星探査機「ヴォイジャー[関連記事]」がこの太陽系の巨星を通過した1979年のことだ。そして2018年には、木星探査機「ジュノー」が、接近観測の際に環の内側を飛行した。

ここで少し木星を離れ、およそ2万光年彼方にある超新星の残骸を見てみよう。恒星は静かに死んでいくこともある。そうした星々は最終的には冷え切り、赤色巨星に変化する(われわれの太陽も、いつの日かその運命に見舞われるだろう)。

別のケースでは、終焉はそれよりもはるかにドラマチックに訪れる。星が自ら崩壊し、宇宙でもひときわ猛烈な事象を引き起こすこともあるのだ。今回紹介する超新星残骸「G54.1+0.3」は、まさにそれを引き起こし、大量のガスと物質をまき散らした。

深宇宙の暗い謎

かつて恒星だったものが内部崩壊すると、中性子星が生まれる。中性子星は、宇宙でもとりわけ密度の大きなタイプの星だ。わずかティースプーン1杯が、山ひとつぶんもの質量に相当する。

複雑なものになりうるのは、死だけではない。オリオン座で発見された有名な星のゆりかごでは、新たな恒星の誕生に伴って、一種の自然選択のようなものが進行している。新たな恒星になったかもしれない物質が、恒星風によって、文字どおり吹き飛ばされているのだ。

兄弟のような星の誕生を阻害するとは、奇妙な話のように思える。とはいえ、そうやって吹き飛ばされた物質が巡り巡った結果、現在の木星に環が存在しているというわけだ。

最終更新:4/8(月) 8:11
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.33』

コンデナスト・ジャパン

2019年6月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.33「MIRROR WORLD - #デジタルツインへようこそ」来るべき第三のグローバルプラットフォームを総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい