ここから本文です

キャンプシーズン到来!『BE-PAL』女性編集に聞いた、女子にオススメのキャンプ場5つ

4/8(月) 12:06配信

Suits-woman.jp

まもなく外遊びが楽しいシーズンが到来しますね。今年は少し足を伸ばして、キャンプデビューをしてみるのはいかがでしょうか。最近のキャンプ場は、きれいで快適が当たり前。「トイレが汚くて無理!」なんていうのは昔の話です。初心者向けにレンタルが充実していたり、施設内に温泉があったり、ホテルのように泊まれる場所もあります。「キャンプはハードルが高いな…」と思っていた人も絶対キャンプに行きたくなる、女子にとってオススメのキャンプ場をアウトドア専門誌『BE-PAL』の女性編集さんに教えていただきました。

さまざまなスタイルのキャンプに対応。憧れのツリーハウスにも泊まれる!北軽井沢スウィートグラス

「北軽井沢スウィートグラス」は、キャンプサイト環境のバリエーションが豊富で草地、林間、電源付き、ハンモック付きなど17タイプから選べます。景色と施設の充実さを楽しみたい人から支持されているキャンプ場です。なかでも「浅間ビューサイト」は浅間山を一望できるとあって人気のサイトになっています。

また宿泊棟の種類が豊富なのも人気のヒミツ。ツリーハウス作家、稲垣豊さんの手によりリニューアルされた「ツリーハウス・マッシュルーム」は、自然素材が多用されていて、壁も漆喰。内装はキノコがモチーフになっていて、まるで童話の世界に紛れ込んだ気持ちになれますよ!

レンタルも充実していて、宿泊棟もかわいらしい施設が多いので女子だけで行きたい! という人にぴったりのキャンプ場です。

北軽井沢スウィートグラス
住所:群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1990-579
TEL:0279-84-2512
https://sweetgrass.jp/

星空露天風呂が楽しめる、ちょっとリッチなキャンプ体験 藤乃煌 富士御殿場

キャンプで近年、注目が集まっているのが「グランピング」です。これは「グラマラス」と「キャンピング」をかけ合わせた造語で、ラグジュアリーなキャンプのこと。海外発祥ですが、日本でもすっかり浸透し施設も続々と増えています。その中から2018年にオープンしたばかりの「藤乃煌 富士御殿場」をご紹介。

オリジナルのコンテナ型キャビンが特徴で、ベッドルームとリビングルームのふたつのコンテナをつなぐウッドデッキには、テント生地の開閉式の天井が備わっていて晴れた日には星空の下で食事が楽しめます。奥にはバスタブもあるので、満天の星を眺めながらお風呂を楽しむなんてことも! 

食事は地元食材が中心。ルームサービス形式のフルサービスか肉だけを自分で焼くハーフ調理スタイルから選べます。スープや海鮮もついて、充実の内容です!

ウッドデッキ前には焚き火台が常設。薪は宿泊料金に含まれているので、キャンプならではの焚き火を存分に楽しんじゃいましょう!

料金が1人3万3,480円~と少々高めではありますが、ホテルのようなサービスとアウトドアを両方楽しめると思えば、体験してみる価値ありですよ。

藤乃煌 富士御殿場
住所:静岡県御殿場市東田中3373-25
TEL:0550-75-9111
https://www.fu-ji-no.jp/kirameki/

1/3ページ

最終更新:4/8(月) 12:06
Suits-woman.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Suits WOMAN

小学館

2016年 秋号
10月5日発売

590円(税込)

働く30代のためのリアルライフマガジン。
マネー、美容、健康、デジタルなど
きちんと地に足の着いた“堅実女子”の
不安や悩みにきめ細かくお応えします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事