ここから本文です

並のスポーツカーが簡単にブチ抜かれる衝撃性能! あまりに速すぎる怪物SUV5選

4/8(月) 11:40配信

WEB CARTOP

スーパーカーメーカーが続々SUVに参戦

 とどまることを知らない世界的なSUV人気。今やどんなSUVでもコーナーでフラフラするようなことはなく、重心高や高重量などの物理的なネガを感じさせるSUVはほぼなくなったばかりか、スーパーカーや超高級車のブランドからも超ド級な性能を誇るスーパーSUVが続々と登場している。

国産ハイパワー車ランキングTOP5!

 とりわけ強烈な性能を発揮するSUVのなかから、新旧を問わず5台をピックアップしてみた。

1)ランボルギーニ・ウルス

 泣く子も黙るスーパーカーのトップブランド、ランボルギーニが満を持して投入したSUV。遠くからパッと見ただけでも、その尋常ならざるウルトラ高性能車のオーラで周囲を圧倒するなど、存在感の強烈さは70年代のカウンタック時代から変わらず。まさにスーパーカーそのもので、クルマに詳しくない子供やおばあちゃんが見ても、スーパーカーだと直感的に理解できるわかりやすさがある。

 狂気じみたサウンドや異次元的な加速感など、走りも紛うことなきランボルギーニ。サーキットなどで乗り比べれば違いは明らかに出るが、公道ではウラカンあたりと何ら変わらない濃厚なスーパーカーらしさが味わい尽くせる。

 従来のスーパーカーと圧倒的に違うのは乗りやすさで、ほかのランボルギーニモデルからすると夢のように後方視界が良く、バックや車線変更が凄まじくラクであるなど、SUV化の恩恵のデカさも壮絶だ。

2)ベントレー・ベンテイガ

 世界の超名門高級車ブランドも、本来は泥や土の上を走るためのクルマであるSUVをラインアップに加えている。庶民にはたとえようもない、伝統工芸品がテンコ盛りの超絶ゴージャスな内装に包まれながら、2.5トンオーバーの物体が0-100km/hを4.1秒で加速する異次元感を味わうと、人類の叡智に敬服するほかない。SUV云々などはどうでも良くなり、物理の法則を無視できる(と思える)ほどにまで高められた、人類が生み出したテクノロジーの途方もなさに、ただひたすらひれ伏したくなる。

 オプションの時計だけでも数百万円もするといわれるなど、量産車のオプションとしては設定価格の点でもまた異次元。以前、大都市部にあるコーンズの店長をインタビューしたとき、「お客様もセールスマンも貨幣価値がマヒしているので、商談ではお金の話が出ないまま契約に至る」と聞いたが、客層とその貨幣感覚もまた異次元なのであった。

1/2ページ

最終更新:4/8(月) 17:12
WEB CARTOP

記事提供社からのご案内(外部サイト)

クルマの「知りたい」を完全網羅
新車試乗・最新技術・お役立ち情報 etc……
すべてがわかる自動車メディアの決定版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ