ここから本文です

『スター・ウォーズ』の新テーマランドの衣装、そして新ゲームの概要が見えてきた

4/8(月) 12:13配信

WIRED.jp

前回は、ここ数週間で『エピソード9』の核心に触れるような噂がたくさん出てきたことを紹介した。しかし、状況は再び沈静化しているようだ。すでにセットでの主要撮影が終了し、製作が次の段階に入っているのかもしれない。

【動画】スター・ウォーズ:オールウェイズ

ただ、4月11日~15日にシカゴで開催されるファンイヴェント「スター・ウォーズ セレブレーション」を目前に控え、何も起きていないわけではない。ルーカスフィルムがイヴェントに向けてファンを魅了する準備を進めている間、最新の情報を手短にまとめておこう。

スター・ウォーズの素晴らしさを5分間で知る

情報源:懐かしのコメディドラマ「ザット’70sショー」のあの人
信憑性:ファンのつくった予告編としては最高に正確。
実際のところ:少し前にソーシャルメディアで、スター・ウォーズが瞬間的に大きな話題になったことがある。理由はあるファンが作成した「スター・ウォーズ:オールウェイズ」という動画だ。

これまでに公開された実写版映画からの映像を組み合わせた5分間の作品で、多くのファンの心をわしづかみしただけでなく、ネットでの評価も高かった。と、ここまではごく普通の話なのだが、この動画で最も興味深いのは、その製作者である。なんと「ザット’70sショー」のエリック役で知られるトファー・グレイスなのだ。

グレイスのスター・ウォーズ好きはファンどころかオタクの領域に達しており、数年前には新三部作の3本を編集し直して85分の動画にまとめあげるという“偉業”を成し遂げた。ちなみに、タイトルは『エピソード3.5:映画編集者の逆襲』だ。

そして今度は、わずか5分間の動画で世界中のファンに、彼らがなぜスター・ウォーズをこれほどまでに好きなのかを思い出させてしまったのだ。ルーカスフィルムはグレイスを採用することを真剣に考えるべきだろう。

「Disney+」のオリジナルコンテンツ

情報源:どちらかというとマイナーなメディアにもち込まれた匿名情報
信憑性:ガセネタの臭いがかなりするので、話半分で聞いておこう。
実際のところ:年内のサーヴィス開始を予定する「Disney+」では、すでに2本の実写版ドラマが製作されることが決まっている。これに関して「HN Entertainment」というそれほど知られていないエンタメニュースサイトが、実はディズニーはさらに多くのDisney+向けオリジナル作品を計画中だと報じた。

それによると、正史の登場人物を取り上げた複数の実写作品の製作が検討されているという。具体的にはローズ・ティコ、ファースト・オーダーのキャプテン・ファズマ、レン騎士団、若き日のレイア・オーガナといったキャラクターのほか、ダース・ベインの名前まで挙げられていた。ダース・ベインはクローン戦争よりはるか昔の時代に生きたシスの暗黒卿で、劇場版作品に顔を出したことはないのだが、会話のなかでは触れられている。

「HN Entertainment」がどこまで信頼できるサイトなのか不明だし、そもそもこの話そのものが匿名情報だ。事実というよりは期待的観測だと考えたほうがいいだろう。ただ、ローズ・ティコが主役のドラマが作られるとしたら、本当に心の底から驚きではあるが。

1/2ページ

最終更新:4/8(月) 12:13
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.33』

コンデナスト・ジャパン

2019年6月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.33「MIRROR WORLD - #デジタルツインへようこそ」来るべき第三のグローバルプラットフォームを総力特集

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事