ここから本文です

イヤホンより安全? 自転車にマウントできる、防水仕様のBluetoothスピーカー

4/8(月) 21:13配信

ライフハッカー[日本版]

自転車での移動が気持ちいい季節。

自転車通勤やサイクリング時には、パーソナルスピーカーでの音楽鑑賞とシャレこんでみてはいかががでしょう。実は屋外で音楽/音声コンテンツを聴くには、Bluetoothスピーカーが快適です。

【記事の全画像】イヤホンより安全? 自転車にマウントできる、防水仕様のBluetoothスピーカー

「イヤホンで間に合ってる」という方も多いと思いますが、周りの音が聴こえないことによるヒヤリ・ハットは体験済みかと思います。

”屋外でスピーカー”というと、爆音でAMラジオを楽しみながら散歩するオジサンを連想しがちですが、自転車利用に最適化された「52 SPEAKER」ならもう少しスマートです。

環境に応じたボリュームコントロールが自在

「52 SPEAKER」は極めてコンパクトで、自転車にマウントできるBluetoothスピーカー。耳をふさぐことなく安全・快適に音楽や音声コンテンツが楽しめます。もちろんiPhone単体でも同じことはできますが、このBluetoothスピーカーには手袋をしたままの操作もできる、大きなボリュームコントロールダイヤルがついています。

つまり、幹線道路など雑音が多い環境ではボリュームを大きくできて、人通りが多く周りの目が気になる環境では一時停止もワンプッシュですぐ…というわけです。

屋外利用など音響に指向性が求められる場面では「Activityモード」に、家で使うときには全方位に音が流れる「Normalモード」に切り替えて使えます。

戻る/スキップなどの操作もボリュームダイヤルの左右のボタンでできて、必要なことはすべて、前方に視線を向けたままできるようになっています。

ハイキングでも開放的に音楽/ラジオが楽しめる

自転車への設置は同梱のマウントとラバーリングでお好みの位置に。本体は、カチッとはめて回転するだけでマウントに装着できて、取り外しも簡単です。

GARMINのマウントとも互換性のあるので、GARMINのサイクルコンピューターをお使いの方はそのまま取り付けられます。

歩行中にリュックのベルトなどにつけて活用するのもおすすめで、ハイキングなどでは開放的に音楽を聴くことができそうです。

音声コンテンツをBluetoothで飛ばす方法以外でも、本体のみでFMラジオが聴けますし、ハンズフリー通話にも対応していますので、日常の情報収集やコミュニケーションを加速してくれるでしょう。

1/2ページ

最終更新:4/8(月) 21:13
ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事