ここから本文です

学生にこそ起業のチャンス バイトやサークルよりお得

4/9(火) 7:47配信

NIKKEI STYLE

はじめまして。小幡和輝と申します。18歳、高校3年生のときに和歌山県で起業しました。イベントプロデュースなどを手がける「和」(なごみ)を2013年に創業しました。今は24歳です。この連載では「地方で起業する」という選択肢について書いていきます。
就職ではなく、起業という生き方は都会では少しずつ広がってきました。しかし、地方ではまだ事例も少ないですし、環境も整っていません。初回では実体験をもとにした、学生起業、地方起業のメリットやデメリット、さらに地方で起業するのであれば押さえておくべきポイントについてお届けします。この連載を通じて、地方で学生のうちに起業する人が増えてほしいと思っています。
■ネットで会社の作り方を検索、簡単だった

まずは自分の話をしたいと思います。起業を考えたきっかけは高校3年生のときに企画したイベントでした。高校の文化祭の延長線上のような感覚で、学校の外でチームを作って、同世代の高校生に向けたワークショップを開催したんです。

これが本当に楽しかったんですよね。もっと続けたいと思いました。「じゃあ仕事にしなきゃいけないな。よし。本気でやるっていう覚悟を決めるために会社にしよう」と単純に思い立ったのです。
ビジネスモデルも売り上げの見込みもなかったです。「会社」「作り方」でインターネットで検索して、ためていたお年玉を使って社長になりました。実は会社って簡単に作れてしまうんですね。
もちろん、いきなりはうまくいきませんでした。まったくお金にならないし、どうやって稼げばいいのかもわからなかった。
とりあえずイベントやるという発想しかなかったので、毎月イベントを開いていました。しかし、来てくれるのは同世代の友達ばかり。そんなにたくさんのお金は払えないし、毎回人を呼ぶのも疲弊していきました。

■ホリエモンのイベント開催がきっかけで仕事が舞い込むように
いまから考えれば、イベント以外の事業もあっただろうとは思いますが、このときは本当にイベントを開くことしか頭になかったんです。ただ、やる気だけはありました。
イベントの収入はおおむね参加人数に1人あたり単価を掛け合わせることで算出できます。チケット料金が高くても、たくさんの人が参加してくれてるものってなんだろうと考えたあげく、出した答えは「そうだ!有名人だ!」でした。

本当に安直でしたが、思い立ったが即行動。ホリエモンこと、堀江貴文さんをお呼びすることにしたのです。堀江さんのツイッターに書いてあったメールアドレスにイベントの企画案を送りました。堀江さんはちょうど服役を終えたころで、「ゼロ」という本を発売したばかりでした。「ゼロ」を500冊買い取るので和歌山に来てください!そんなメッセージを送りました。

無事にOKをもらったわけですが、ここからが大変。500人を集めるためにはものすごい労力が必要です。毎日、駅前に立ってチケットを手売りしました。なんとか無事に500人を集め、収入を得ることができ、ようやく事業と呼べる第一歩がスタートした瞬間です。

それから変化が起きました。これまでまったく相手にされなかったのに、仕事の依頼がどんどん来るようになったんです。「小幡くん、こんな企画やるから手伝ってほしい」「これにアドバイスもらえないかな?」何でも屋さんみたいな感じですが、堀江さんを呼んで500人を集めた高校生というのは大変インパクトがあったようで、人を動かせる人には仕事が集まってくるということを学びました。特に地方は若者の力を求めているし、実は重宝されるポイントが多いんですよね。
■国の地域活性化伝道師に認定される
いまはこれを全国に広げたような仕事をしています。年に1回、和歌山県にある高野山で地方創生会議というサミットを開催しています。

47都道府県すべてから参加者が来ていて、知名度が高まったこともあり、最近では和歌山県以外のところからもいろんなお声かけがもらえるようになりました。内閣府から地域活性化伝道師という肩書もいただき、全国各地の地域を盛り上げるお手伝いをしています。
地方を盛り上げるためには地方でチャレンジする起業家が増えなければなりません。この記事もその一環ですが、そのためのお金が回るようにしたいので、地方で起業する人に向けた投資ファンドも作りました。
いま最大で1億円投資できる状態なので、この記事を読んで実際に起業したいと思ったらぜひ声をかけてください。
■社会人起業よりもリスク低い学生起業
学生のうちに起業するのはハードルが高いけれど、将来的には起業したいと思っている人は、意外と多いのではないでしょうか。そんな人こそ、学生のうちに起業してほしいと考えています。もちろん、起業してもすぐにお金にはなりません。そんな天才ばかりじゃない。だから助走期間が必要だと考えます。
社会人になってから仕事を辞めて起業するというのは、極めてリスクが高いです。しかし、学生起業であればアルバイトやサークルに使うはずだった時間を使って起業すればいいだけ。うまくいかなければ就職したらいいんです。就職するにしても、起業したけど失敗してしまったというチャレンジ精神を評価してくれる企業は多いでしょう。ほら、メリットしかないんです。
将来的に少しでも起業を考えているのであれば、ぜひ学生時代に起業にチャレンジしてほしい。大変ですが、やっぱり楽しいですよ。待ってます。
2回目以降の記事では、実際のロールモデルを紹介していきます。

小幡和輝(おばた・かずき)氏1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験、その後高校3年生で起業。47都道府県すべてから参加者が集う、「地方創生会議in高野山」を主催。1億円規模の地方創生ファンドを設立し、地方でチャレンジする人を応援している。最年少で内閣府より地域活性化伝道師の認定を受けるなど、活動は多岐にわたる。

最終更新:4/9(火) 12:15
NIKKEI STYLE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフスタイルに知的な刺激を。
生活情報から仕事、家計管理まで幅広く掲載
トレンド情報や役立つノウハウも提供します
幅広い読者の知的関心にこたえます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事