ここから本文です

韓国「日本文化開放」は嘘 実は「韓国化」が強制されている

4/9(火) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 韓国のラジオで聞くことのできる日本の歌は韓国の歌手が韓国語でリメイクした曲だけだ。韓国歌手が歌うとしても日本語で歌うものは放送されない。この状況を「解禁」、「開放」と言えるだろうか? 日本のテレビやラジオでは韓国の歌手が、韓国語で歌ったとしてもそのまま放送されるなど、何の制約もない。これでは同じレベルでの文化開放を行ったとは言えないだろう。

※崔碩栄・著『韓国「反日フェイク」の病理学』(小学館)より一部抜粋

【プロフィール】チェ・ソギョン/1972年、韓国ソウル生まれ。高校時代より日本語を勉強し、大学で日本学を専攻。1999年来日し、関東地方の国立大学大学院で教育学修士号を取得。大学院修了後は劇団四季、ガンホー・オンライン・エンターテイメントなど日本の企業で、国際・開発業務に従事する。その後、ノンフィクション・ライターに転身。著書に『韓国人が書いた 韓国が「反日国家」である本当の理由』、『韓国人が書いた 韓国で行われている「反日教育」の実態』(以上、彩図社)、『「反日モンスター」はこうして作られた』(講談社)などがある。

2/2ページ

最終更新:4/9(火) 7:00
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい